吉田沙保里選手の銀メダルでも「ごめんなさい」から学ぶ、幸せの定義

リオデジャネイロオリンピック、私うえせい(@charin_co)、自宅で仕事をしていることを活かして、めっちゃ見ています。

今回も、数多くの感動があって、やっぱり私はスポーツが好きなんだなあと実感しています。

吉田沙保里アメブロ
吉田沙保里選手アメブロ

さて、その感動の中でも私が印象的だったのが吉田沙保里選手の銀メダル。
期待はしていましたが、銀メダルという結果でも、多くの人は賞賛を送り、日本中が感動していました。
しかし、本人は「ごめんなさい」の涙。

ここに、これから独立したり、自分の道を選択していく人が覚えておくべきことがあると思ったのでブログにしておきます。

 

sponsored link

3大会で「金」そして、4大会目で「銀」

金・銀・銅
日本中、そして本人でさえ「金メダル」が当たり前とされる中でのプレッシャーの中での試合での「銀メダル」は、本当によくやったと思います。
しかし、試合終了後のコメントは

たくさんの人に応援して頂いたのに、銀メダルで終わって申し訳ないです。

「打倒吉田」で来るのは、分かっていたのですが、最後の最後に落とし穴にハマるとは思っていなかったので

というものでした。

うえせい
なんで、なんで?立派な結果やん!
うえせい
胸はってええんやで

と思って見ていました。

 

当たり前の位置を変化させると、目標が達成しやすい

slooProImg_20160720151146.jpg
しかし、今回のリオオリンピックの女子レスリングの結果は

うえせい
すごい!

のひとことに尽きますね。

この結果は、吉田沙保里選手の影響が大きいと思います。

勝ち続ける吉田沙保里選手の背中を見ている後輩たちは、同様に「金メダル」が当たり前になっていたと思うのです。

だから、そのための練習その他、そこへ向けての準備を整えて本番に望む。
出場を目標にしてきたり、1勝できたら御の字みたいな状態ではなかったと思うのです。
(そういう意味でも、吉田沙保里選手の功績は、とても大きい。)

我々一般人に例えると

「独立したいな」みたいな、漠然とした目標ではなくて
独立する期限を決める
独立したら、どのくらいの規模や月収になるのかを決める

いついつには、その状態になっていて、それが当たり前だと思って普段から準備し行動する。

みたいな感じでしょう。
目標に到達している状態が当たり前というメンタル状態で、いまを行動していると自ずと準備をしていくハズです。

その反面、せっかくの「銀メダル」でも謝罪になってしまうのは、なぜでしょう。
次のページをご覧ください。

sponsored link

lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。