自分が亡くなった時に、Facebookをどうするのか。予め設定しておいた

Facebook追悼アカウント管理人

SNS

ほとんど毎日、なんかの形で投稿しているFacebook。
普段は連絡を取らないけど、Facebookで繋がっている方々もたくさんいます。

そのままでも、問題ないかも知れないですが、仕事の繋がりも多いので亡くなったことを知らせるように設定をしておきましたので、私うえせい(@charin_co)がやった設定をシェアします。

 

sponsored link

追悼アカウント管理人を設定する

▼Facebookの「設定」→「セキュリティ」にあります。
Facebookの設定からセキュリティの画面

 
▼自分に万が一のことがあった時に、アカウントを管理してくれる人の名前を入力しておきます。
追悼アカウント管理人
通常、自分身近な人を設定しておくと思います。
ただし、その人が必ずしもFacebookのアカウントがあるかどうかという問題もありますので、その辺りはうまく連絡が行くように考えておく必要があるようですね。

 

追悼アカウント管理人ができること

◯亡くなった方のプロフィールに投稿を書いて固定する(亡くなった方に代わって最後のメッセージをシェアする、追悼サービスについての情報を提供するなど)
◯新たな友達リクエストに対応する(アカウント所有者が亡くなる前にFacebookの利用を始めていなかった友人や家族など)
◯プロフィール写真やカバー写真を更新する

メッセージのやり取りを見たり、アカウントにログインしたりはできないので、いくら死後とはいえ、覗かれたくない方でも安心ですよね。

 

【まとめ】ネット社会です。これを機会に、アカウントの整理をしたうえで、万が一の時に備えておいてはいかがですか?

うえせいイラスト
たとえ健康でも、事故や天災にあうことだって考えられます。

継続して課金されるものはありませんか?
私は、ドメインやレンタルサーバーの契約など、たくさんあります。

使ってもいないものにIDやパスワードがわからないだけでなく、そもそも何に毎月どれだけ支払っているかが分からず、継続して銀行口座から引き落とされていては、残られた者からすれば迷惑なだけです。

どこかに書いてまとめておくか、なんらかのサービスを利用しておく必要があるようですね。

ちなみに、IDとパスワードを一元管理しておいて、残しておくのもありでしょうね。
では、また。テリマカシ。

▼こんなので、パスワードの管理ができる。

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加