アメブロからWordPressに転向した方へ。アクセスの経路「読者はどこから?」を意識しようね

アメブロからWordPressへ転向した方

私うえせい(@charin_co)は、WordPressの設置の代行(当社のプラン)や、WordPressを使ったホームページの制作を行っています。

その中で、結構多いのがアメブロからの転向や、アメブロを同時に使いながらWordPressサイトをホームページとして利用するパターン。

このパターンの方からの質問で多いのが、

A さん
カテゴリーは細かく分けて、わかりやすくした方がいいですか?
A さん
トップベージから、過去への記事のリンクを増やしたいのですが
A さん
毎日、時間を決めて投稿した方がいいですか?

その他、いろいろいあるのですが、共通して意識しているポイントがずれています。


 

sponsored link

「読者登録」という仕組みはありません。読者はGoogleやYahoo!で検索して来てくれるんです

インターネット閲覧
どうも読者同士のつながりから、ブログを読んでもらうという感覚がなかなか切り替えにくいようです。
ただ、単にダラダラと書いていても、その文章はどこにも届かないまま、インターネット上のどこかのサーバーの中にあるだけです。

人通りのない商店街のギャラリーに絵を展示しているようなものですよね。

自分のブログを読んでくれる人というのは、WordPressの場合は、その多くが検索エンジンで検索をして結果に表示されて訪れる人。
縁もゆかりもない人が検索窓に入力してくれた単語(キーワード)に関係することが書いてあるから、それをクリックして見に来てくれます。

入力した単語(キーワード)によっては、トップページかもしれないし、各記事ページかもしれないし、どこのページを最初に閲覧するか。
もしくは、どのタイミングで読んでくれるかは、すべて読者まかせ。

このことが理解できていないと、「毎日決まった時間に・・」とか「トップページからの誘導は・・」なんてことになってきます。

次のページで、トップページへのアクセスと、ブログ記事へのアクセスの違いについてご説明しますね。

sponsored link

アメブロからWordPressへ転向した方
lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。