ブログ投稿記事の最適な長さの文字数と、長くなってしまった時の対処法

ブログの文字数

ブログ

先日「ブログ講座」で登壇した際に頂いた質問のなかで、ブログの長さについてのことがあったのでまとめておきます。

A さん
最適なブログの文字数ってどのくらいですか?
A さん
また、書いていて長くなってしまった時の対処法は?
うえせい
書いている内容によって、違ってきますよ

 

sponsored link

最適な文字数は・・・あるようで無い

適切な文字数は?
いろいろと言う人はいらっしゃるのですが、短い文章でも結果を出している方はいらっしゃいますし、その逆もしかり。
あまりに長い文章がダメかと言えば、少ない記事数ですごいPV数を叩き出している「ナースが教える仕事術」というサイトの1ページあたりの文字数はかなり多いです。

つまり、結果を出していれば文章の長さなんてイマイチ関係ないというのが私の持論です。

 

ただし、無意味に長い文章は読者を疲れさせます

悩む女性
書きたい情報をわかりやすくするために、必要な文字数であれば、いくらでも長くてもいいと思います。
反対に、内容自体は大したことないのにもかかわらず、文字数を稼ぐためだけに、ややこしい言い回しをしたり、無駄な表現を入れたりしていると、読んでいる方を疲れさせてしまいますし、そもそも難解な文章になってしまいます。

出来るだけ文章は、簡潔にまとめることを心がけましょう。

 

それでも、長い文章の時には気をつけること

  • 適度に「小見出し」を入れる
  • 写真でイメージをしてもらいやすくする
  • 1つの文章は短くする。
  • 改行を多くする

長い文章でも、必要な文字数であればOKだと前述しましたが、それでも読者への配慮はした方がしないよりいいです。
長い記事でなくとも、上記のようなことに気をつけて頂くと、ブログが読みやすいものになりますよ。

 

【まとめ】結果が出てれば、それが正解ですが、なるべく簡潔に書きましょう

うえせいイラスト
無理に長くした文章でなければ、長さは特に気にしなくても良いと思います。

ただし、内容に応じた長さというのがありますので、説明不足で分かりづらい。
もしくは、無駄な言い回しが多すぎて分かりづらい。

なんてことだけはないよう心がければ、大丈夫だと思います。

では、また。テリマカシ。

【関連記事】宝塚の「SASI DESIGN」さんの依頼で「ブログ集客」についてお話させて頂きました

【関連記事】集客のために、当ブログに書く記事の内容をどうやって決めているのかを大暴露します

【関連記事】私うえせいが、ブログを運営するために読んだ本からオススメ7冊

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ