名古屋の味仙(みせん)、大阪の味仙(あじせん)。一日で両方行ってみた感想。

味仙対決

美味しいもの

仕事で名古屋に行く機会があったので、前々から気になっていた味仙(みせん)に行ってみました。

実は若い時に勤めていた会社の職場が心斎橋にあり、裏路地にある味仙(あじせん)の台湾ラーメンが好きでよく通っていたのですが、どうやら調べてみると台湾ラーメンは、名古屋発祥で味仙(みせん)がとても有名で、検索してもよく出てくるので本場のはどれだけ旨いのかと、思っていたのです。

sponsored link

まずは、名古屋の味仙(みせん)をいただきました

名古屋 台湾ラーメン 味仙
とにかく「辛い」とレビューがあったので、生卵をトッピング。

ミンチ肉もたっぷり入っていて、明らかにうまそうです。

前半は卵の黄身を割らないで食べていましたが、とにかく辛いです。
でも、旨い!
だしには辛いながらも、うまみがしっかりと感じられて、あっという間に完食。

「これが本番の辛さかあ」と、変に納得したながらいただきました。

どんぶりはかなり小ぶりで、男性だと大きいサイズにしないと足りない方が多いんじゃないでしょうか?

少し残念だったのは、麺。
コシがあまりなく、柔らかい感じでした。
博多ラーメンなんかだと「バリカタ」「ハリガネ」と、注文するうえせいにとっては固い方がいいかなあと感じました。

関連ランキング:ラーメン | 名古屋駅名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅

大阪に帰ってから、馴染みの心斎橋ではなく「なんばこめじるし」の味仙(あじせん)に行きました

大阪の味仙(あじせん)台湾ラーメン ピリ辛タンツーメン

見た目から、少し違います。
ちなみに、大阪の味仙(あじせん)は、辛さが4段階から選べて、この台湾ラーメンは1番人気の「ピリ辛タンツーメン」。
まだ2段階上があります。

そして、1番違うのは薬味の「セロリ」これが油っこいラーメンをなんともサッパリしてくれているんですよね。
苦手な人も多い野菜なので「抜き」にできるよう店員さんも聞いてくれるし、注意書きもありますが、絶対に入れた方が旨いです。

麺も、博多ラーメンほど細くはないですが、ソコソコ細くてわりと固めに茹でてくれます。

とにかく、サッパリした辛さで、ミンチ肉が辛さを出すのですが、これも旨いです。

慣れ親しんだ味だからというのもありますが、私はこちらの方が好きですね。

本場名古屋のものしか食べていない方には、ぜひとも1度食べていただきたい逸品です。

関連ランキング:台湾料理 | 難波駅(南海)恵美須町駅今宮戎駅

 

【まとめ】どっちも美味しいが、麺の硬さとセロリのサッパリ感で大阪の味仙(あじせん)が好き

うえせいイラスト
辛さはさておいて、麺の硬さ具合とセロリによるスープのあっさり感が、すごく好印象で大阪の味仙(あじせん)の方が美味しいと感じました。
ただ、セロリが苦手な人には、たまらなく嫌でしょうね。

しかし、1日に似た名前のお店で、同じ料理を食べてみたのは、はじめてですね。

とても美味しい旅になりました。

では、また。テリマカシ。

【関連記事】堺発の塩ラーメン専門店「龍旗信」。その系列なんばにある「龍旗信RIZE」に行ってきました

【関連記事】大阪の日本橋にある油そば専門店「きりん寺」さん。3回食べるとやみつきらしいので通います

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ