PCでskypeやLINEの通話をイヤホンやヘッドセットで行う時の設定【Mac】

SkypeとLINEのサウンド設定

仕事柄「Skype」や「ハングアウト」での通話は、画面共有ができるのでよく使います。
そのほとんどは、コワーキングやレンタルオフィスですることが多くて「MacbookPro」で行っているのです。

それを、MacMiniで行おうとすると「こちらの音が先方に伝わらない」とい現象が起こっていました。
ちゃんと調べてみると、個別に設定する必要があったので、備忘録的にまとめておきます。

 

sponsored link

通常は「システム環境設定」で設定する

▼出力はここ
システム環境設定 出力
この部分をちゃんとヘッドフォンなり、ヘッドセットにしておかないと、スピーカーから音がでてビックリする。

ちなみにうえせい(@charin_co)の場合、「サンワサプライ フラット型PCマイク MM-MC23」というマイクを「USBオーディオ変換アダプタ」に接続しているので、スピーカーにしていると、すごいハウリングになってビックリします。

 
▼入力がここ
システム環境設定 入力
この入力の方を変更しても、SkypeやLINEではそのアプリ自体に設定をするところがあって(ハングアウトには独自に設定するところがない)、システム環境設定を操作しても変わらず相手に音が届かないという現象が起こっていました。

確かに出力側は、普段スピーカーから音を出していて、インターネットで通話をする時だけヘッドセットになるというは嬉しいですが、設定するところがいろんなところにあるというのは、結構面倒なものです。

サンワサプライのマイク

 
次のページで、SkypeとLINEの音の入出力の設定を書いておきます。

sponsored link

SkypeとLINEのサウンド設定
lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。