スマートウォッチにもなる、ライフログバンド「GARMIN vivosmart HR J」今更レビュー

vivosmartHRJアイキャッチ

ガーミンの「vivosmart J」を愛用していたのですが、液晶画面がだんだん狭くなってきてとうとう見えなくなったので、後継機種である「vivosmart HR J」を買ったので、今更ながらレビューします。

 

 

sponsored link

まずは、「GARMIN vivosmart HR J」開封

GARMIN vivosmart HR J箱

GARMINって、私の中ではすごく信頼性があるのですが、箱も含めてデザインがイマイチな感じがするんですが・・・
 
GARMIN vivosmart HR J内容物
▲中身は、こんな感じ。本体と充電ケーブルと説明書、保証書くらいしか入っていません。

 
充電ケーブル
▲充電ケーブルは小さく、ケーブルは短くなりました。前モデルの「GARMIN vivosmart J」の大きいけど挟む方式の方が良かった気がします。

 

GARMIN vivosmart HR J 電源ON!

まずは、日本語

 
GARMIN vivosmart HR J ペアリング
▲ペアリングをして、スマートフォンを経由してデータを送るための準備をするのですが、PCでセットアップを行う時は、ここで「X」を選びます。

 
GARMIN vivosmart HR Jペアリング完了
▲ペアリング自体は、すぐ終わります。

 

前モデル「GARMIN vivosmart J」との違い

脈拍計がついてる
一番大きな差は、脈拍計が付いていることです。
有酸素運動トレーニングをする時は、一番効率のいい脈拍数を知っておいて、その範囲を意識して行うといいんです。

前モデルでは、乳バンドと言われる胸に巻くバンドが必要となっていたのですが、ココに内蔵されていたら、すっごく手軽ですね。

GARMIN vivosmart HR Jスマホ通知
スマホの通知も一度に3件まで、表示されます。
これは、LINEばかりが3件並んでいますが、スマホに通知を表示させる設定になっているものが、ここに表示されることになります。

※この時、LINEばかりなのは、画像をたくさん送ってきた方の通知が溜まっていたのでこうなっています。

GARMIN vivosmart HR Jバックル
金属のバックルが付きました。

前モデルは、少し付け外しが面倒だったので、ほぼつけっぱなしになっていたことを考えると、防水とはいえ外したい時に外せますね。

 

【まとめ】時計よりバンドタイプのモノのほうが、パワーストーンを付けるうえせいにとっては都合がいいんです

うえせいイラスト
これを買ったと同時期(2016年6月)に「vivoactive HR J」という、GPSから脈拍計まで全部盛りのものが発売されたのですが、うえせい(@charin_co)は、敢えてこれを購入しました。

パワーストーンを付けるので、このようなタイプが良いようです。

また、ANT+という無線通信の規格にも対応しているので、これから買おうとしているGARMINのサイクルコンピュータにも連携して脈拍数を表示してくれるでしょう。

同時期に「GARMIN vivoactive HR J」というモデルが発売になったのですが、ヘルニアを患って依頼、ランニングはあまりしない方がいいということで、自転車専門になっています。

そう考えると、サイクルコンピュータを買う方が、走行中に見やすいですからね。

この「vivosmart HR」そんなに高いものではないので是非に。

では、また、テリマカシ。

【関連記事】GARMINの活動量計「vivo smart」を2ヶ月間使った感想は、ひとこと素晴らしい!!

【関連記事】ガーミンのvivosmartが壊れそうだから、うえせいが欲しい通知機能付きの活動量計3つをご紹介

【関連記事】 サイクリングログを取りたい人に最適! GARMIN「Edge25J」開封〜取り付け編

▼これも検討していました。

sponsored link

vivosmartHRJアイキャッチ
lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。