ダメSEO業者を見分けることができる、たったひとつの超簡単な方法

言いたいこと

ホームページを作って、一番最初に連絡をしてくるところが、お客様だったら嬉しいのですが、だいたい多くはこんな感じで、しかもメールではなく電話。

A さん
SEOは、ご存知ですか?
御社のホームページの検索順位をアップさせるお手伝いをさせて頂いています。

 
うえせい(@charin_co)は、この時点でNGを出しています。

 

sponsored link

電話の内容ではなく、電話してくることそのものに問題があります

コールセンター
SEOを生業としているのでしたら、自分の会社のホームページくらい上位に表示させて、そこから集客すべきだと思います。
実際、私が知っている方は、みな電話で営業などしていません。

電話をかけてきたり、メールを送ってきたりするというのは、あからさまに

「上位表示ができていなくて、電話やメールで営業するしかありません」

と、自分から宣言しているようなものです。

 

そもそも、Googleのアルゴリズムに逆らってはいけません

Googleの画面

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能します。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

Google会社情報「Google が掲げる 10 の事実」より

ここにある、上の2つで、Googleはずっと検索ユーザーだけを見て、検索ユーザーが満足する検索結果を表示することだけを考えてやってきています。
その結果、ユーザーの検索する意図を反映するようになっています。

もちろん、Googleのロボットがサイトを見た時に、HTMLのタグがぐちゃぐちゃで混乱するようなものだったらいけないですし、10の真実でもあるように表示は速い方がいいです。

しかし、そんな対策はSEO業者さんでなく、ホームページ制作の会社でできること。

 

検索ユーザーが見た時に満足してくれるコンテンツを提供すること

嬉しいカエル
私がなぜ、ブログを核に据えてご提案をしているかというと、ここにあります。
ホームページでは、日々更新を続けるのは難しいですが、ブログだとその辺りがとても簡単にできます。

そこで、検索してくれたユーザーに満足できる情報を提供できていれば、申込に繋がっていきます。

 
貧相な情報をアップして、あとはテクニックで上位表示をさせる時代は終わったということですね。

 

【まとめ】電話やメールで営業をしてくるSEO業者は、その時点でNGだと思ってOK

うえせいイラスト
インバウンドマーケティング(簡単にいうと待ちの営業)という言葉がありますが、私を含めインターネットで収入を得ている者は等しくその手法でしか営業してはいけないのです。
その道のプロな訳ですから。

それにもかかわらず、電話で営業をかけてくるというのは、そこが出来ませんと言っているのと同じ。

もし、優良な業者をお探しならば、一番いい方法はSEOでうまく言っている知人友人に訊いていくうちに、すぐ調べられますよ。
とはいえ、そういう業者さんは、仕事が立て込んでいてすぐにはとりかかってくれないでしょうけど・・・

とにかく、電話営業は相手にしないことですね。

では、また。テリマカシ。

 
【関連記事】インターネットで仕事してるからGoogleの考えにしたがうべきだと思うのですよ

【関連記事】これだけ。Googleに好かれて、効果的なSEOのたった一つの対策2

【関連記事】ブログでSEOを気にする方必見。熱心な人ほどアクセスが下がる理由

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加