うえせいWP.net

WordPressのホームページ制作とWEB活用コンサルティング【大阪府】

デジタルもの

超カッコいい!クラシックなメタルのレンズフードを、SONY α65に付けてみた

ブロガーである私うえせい(@charin_co)は、カメラは常に持ち歩くもの。
iPhoneの画質もかなりいいのですが、やはりカメラには叶わない。

このため、大きさが気になるデジイチではなく、小さいサイズのものを持ち歩いています。

でも、じつはブログにもあまり登場したことありませんが、α65というSONYのデジイチも持っていて、コチラは主に子どもの写真を撮ることに使っています。
やはり、動くもののフォーカスは早いし、サッカーの試合だったりすると望遠が必要でレンズは長くなるので、ミラーレスであってもコンパクトにはできないですからね。

 

sponsored link

MINOLTA 50mm F1.4レンズに装着

α65 フード
時々でも持って出るなら、ちょっと格好良くしたいですよね。
いま、メインで使っているFUJIのX70は、18.5mm(35mm換算で28mm相当)という広角の単焦点レンズ。

レンズ固定式なので、望遠寄りのレンズを使いたい時はこのα65の出番になるのです。
特に、ヒトの写真を撮る時に使うので、このF1.4という明るいレンズは、ほぼ付けっぱなし状態。

ということで、このレンズにフードを付けてみましたが、なかなか格好良くなりましたね。

 

49mmのメタルフードで、ねじ込み式です

α65 フード
ねじ込み式ということで、取り外しはせず、ずっとこのままのスタイルで使うし、持ち歩くことになります。
長いレンズには不向きでしょうね。

 

【まとめ】道具には、こだわりを持つことが大切です

うえせいイラスト
なんで、このカメラなの?

なんで、このレンズなの?

なんで・・・

ここに「安かったから」とかの答えではなく、ウンチクを回答できない物は買わないようにしています。

今回のレンズフードも、標準のものがダサくて装着するには汎用のねじ込み式のものになります。
それならば、クラシックな感じで格好良くしていれば、レンズを付けっぱなしにして首から下げていてもいいかな?
という理由です。

ま、とにかくピッタリのフードが見つかってよかったです。

では、また。テリマカシ。

【関連記事】2015年5月は、デジタルグッズを買い物し過ぎたので何を買ったかアップしてみる

【関連記事】富士フィルムX70購入!GRⅡと悩んで買った決め手と開封の儀

【関連記事】一眼レフカメラとパンケーキレンズの組み合わせで持ち歩く理由3つ

「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

うえせいのお知らせやメッセージを受け取ったり、ブログ相談会の募集告知を受け取ったりしたい方は、ううえせいやのLINE@を友だち追加してくださいね!
「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

sponsored link

合同会社うえせいやについて

合同会社うえせいやについて
「合同会社うえせいや」では、リーズナブルで柔軟性の高い月額管理費が0円の、自分で更新できるホームページの制作を承っております。
最終的に納品の際には、使い方のご指導をさせて頂くとともに、以降のサボート費用を質問の回答に限り、永年0円としておりましす。
ですので、以降の更新はご自身で、しかもスマホからも可能です。

お申込み、お問合せは無料です。
お気軽に、以下よりご連絡ください。

こんな記事も書いています