富士フィルムX70購入!GRⅡと悩んで買った決め手と開封の儀

富士フィルム X70

2016年6月3日fujifilm x70

ブログを書いたり、動画を撮影したりしていると、カメラは必需品。
新しく「FUJIFILM X70」を購入しました。
これを買うにあたってRICOHのGRⅡとかなり悩んだのですが、今回コチラ「FUJI X70」を購入した理由をまとめてみました。

 

理由1:おじいちゃんが大事にしていたカメラ感がある

fujifilm x70
私うえせい(@charin_co)は、祖父母と一緒くらしていたので、こんなカメラが自宅に転がっていました。
よくイタズラをして、爺ちゃんに叱られたのを思い出します。

こうやって、カメラ自体が写真映えするとういうのは、オシャレな感じがあるということですよね。

さあ、撮影いくぞ!って気合入れるカメラではないので、持ち歩くときのオシャレ感があるというのは、大きなアドバンテージです。

 

理由2:サイズが小さい

これは、うえせいにとって大きなポイントです。
ブロガーを名乗っている以上、掲載する写真にこだわりたいところです。
今現在使っているNEX-5Rも大活躍をして頂きました。

でも、やはりレンズ交換式になると交換するためのスペースも必要でありレンズ部分の出っ張りのせいでカバンに入れたり、それこそポケットに入れたりというのは、なかなか難しいのです。

そうすると、そもそも持って行かなかったり、出来るだけコンパクトなレンズを付けっぱなしにしたりということになってしまっていました。

それに比べて、このX70というカメラは、とてもコンパクトなんです。
重量があるので、実際にポケットに入れると服がダランとなるので、私は入れないかも知れませんが、入れようと思えば入るサイズ。

持って行く機会が増えそうです。

 

理由3:最後まで、悩んだ「RICOH GRⅡ」とで、決め手となったのは、バリアングル液晶

x70バリアングル液晶
▲すでに、レンズフードを付けています。

センサーサイズや、レンズの明るさなんかも同じで、サイズ感もよく似ているので、とても悩みました。

GRシリーズとのデザインの差もあるのですが、実際に持ってみるとGRの方がグリップしやすくて、持ちやすいしなにより軽い。
やはり、GRシリーズはフィルム時代から同じようなデザインで、細かい変更を加えてきています。

私は、実際に使ったことがないので細かいことは言えませんが、それだけ工夫が詰まっているんでしょう。
こういうのモノづくりというのは、私はすごく好きなんです。

それでも決め手となったのは、うえせい(@charin_co)は自宅で、動画を撮ったりすることがあって、構図を決めるのにどうしても液晶画面がこっちを向いてくれるという点です。

A さん
そんなことで?

と思うでしょうけど、地味に大事だったりするんですよね。

 

ひとまず、開封

動画レビュー下手くそですね~。
だいたいピントがあってないですが、見てやってください。

カメラの他に入っているもの

X70 内容物
 
説明書

 

【まとめ】ひとまず、 「FUJIFILM X70」を通販で買ったので、届いてすぐのレビューです

うえせいイラスト
サイズ感と、持って出て行きたくなるデザインとで、使用する機会が大幅に増えそうです。

そうそう、2015年の年末に私の欲しいものとして「SONY RX-1」を挙げていたのですが、これもめちゃめちゃ悩んだんです。
ただ、いくらフルサイズセンサーでキレイに撮れたとしても、そもそもソレを撮る場所に持って行く機会が少なければ、道具としての役を果たさないんじゃないかと思って、より小さいものにする、という選択に変わったのが「SONY RX-1」を買わなかった理由です。

近いうちに、私用で遠出しますので、その時にいろいろと撮ってきて、そのうえでまたレビューをしますね。

では、また。テリマカシ。

 

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

2016年6月3日fujifilm x70

Posted by 合同会社うえせいや 代表うえせい