起業して丸3年が過ぎて、苦しい期間を「乗り越えられた3つの理由」を考えてみた

起業して3年

働き方, 言いたいこと

2013年5月31日付で退職をして、翌日から起業準備をしていましたから、今日(2016年6月1日)で丸3年を迎えました。
起業して3年もつ割合は、約6%と言われています。

私も、今回が3回目で、それまでの2回は1年ほどで畳んでしまいました。
※それだけでも33%となりますよね。

いままで、いろんなことを書いてきたので、そのことをまとめてみました。

 

sponsored link

理由1:たくさんの人に自分の将来を語っていた

今回は、独立しようと考える前から会社の繋がり以外に、交流会や趣味の繋がりなど多くの人に出会える場所に、なぜかドンドンでかけていました。
そんな中から、いろんな人に出会い、また起業しようとも思ったのです。

そして、たくさんの人に自分の夢を語る機会があったので、独立してすぐから商談があったり仕事になったりもしました。
このスタートダッシュのおかげで、はじめからすごくしんどいという時期はありませんでした。

 

理由2:ひとまず、自分が「得意なこと」で代行業をした

お金も資本も無くても、代行業というのはスグにお金になります。
もちろんある程度、蓄えがあって、それを切り崩しながら、徐々に収入を上げていくのですが、ドンドン目減りしていくのは不安になります。

そんな時に、なんでもいいですが、人よりも少しだけ「得意なこと」で、人からすると「面倒なこと」「上手にできないこと」を代行してあげるといいでしょう。

ただ、それ自体が自分のやりたいことではないこともありますから、それは収入がある程度上がってきたら、その割合を減らしていけばいいと思いますよ。
私が、その段階にきているように思います。

 

理由3:やっぱりなんといっても「根拠がなくても自信」かな

どうやら、不安に思っていることは本当に起こるようです。

私が、初めて起業した時は、ろくに収入がなくいろいろ切り崩して、節約して生活をしていました。
若かったので、食べるものも適当にしてたと思います。

その時は、「いまは貧乏でもいいよね。若いしやりたいことやってるし・・・」みたいなことを考えていました。
でも、そんな風に思っていると、そんなふうにしかならないんですよね。

自分の資格やスキルといった武器がなくても、「自分なら大丈夫!!」という自信があると、大丈夫なもののようですよ!

 

【感謝】3年間ありがとうございます

うえせいイラスト
ホントに3年持たせられたのも、お客様はもちろん、仕事を手伝ってくれる協力業者様。
そして、いままでいろんなことを教えてくれた、メンターの方々(勝手にそう思っているだけですが)。
その他、私と関わって頂いてる皆様のおかげだと思っています。

私は、ホームページを制作したりWEBコンサルティングなんかを行っていますが、私よりスキルや知識の有る方は、たくさんいらっしゃいます。
その中で私の長けている部分は、「優しく根気よくお付き合いして説明できること。」だと思っています。

これって、もはやスキルではありません。
こんな曖昧な武器でもって今後もやっていきますが、何卒よろしくお願いします。

 
【私が支えられてきた本】

 

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ