自分のブログやサイト正しい検索結果を表示させるための「パーソナルブラウズ」

2016年6月3日mac, 言いたいこと

ご自身や、自分の会社でブログやホームページを持っていると、その検索順位が気になるものです。

しかし、普通にいつもどおりに検索をしていても、正しい検索結果は表示されないのです。

その理由と、正しい検索結果を表示させる方法をお伝えします。

 

sponsored link

今や検索結果は、属性や行動履歴に基づいて最適化された状態で表示される

意味が分からない方もいらっしゃるでしょう。
自分の年齢、性別や住んでいる地域、そしてよく検索するページなどを考慮にいれた、自分仕様の検索結果になっていることを「パーソナライズ」といいます。

つまり、自分のもっているWEBサイトはよく表示させるので、検索をした場合上位に出やすくなるのです。
この検索結果をもって、自分のサイトが上位に表示されていると思っていては、認識が大きくズレることになります。

 

パーソナライズをさせないようにするには、シークレットモードで検索してみる

goole
シークレットウィンドウを使うと、閲覧履歴、検索履歴、ダウンロード履歴などの履歴が残らなくなると同時に過去の検索に対するパーソナライズも無効にできるのです。

Google Chromeの場合

メニューバーの「ファイル」→「新規シークレットウィンドウ」と進んで行くだけでOKです。
シークレットウィンドウメニュー
そうすると▲のような警告文が表示された後、シークレットウィンドウになります。

シークレットウィンドウになると、▼のような怪しいオジサンが表示されることになりますので、すぐにわかります。
シークレットウィンドウのオジサン

 

Safariの場合

Google Chromeと同様なんですが、メニューバーの「ファイル」→「新規プライベートウィンドウ」と名前が変わります。

GoogleChromeほど、はっきりとはしていないですが、
検索窓
通常URLが表示されている場所が、暗い色の上に白抜き文字に変わっているのですぐに分かると思います。

 

【まとめ】正しいデータを知ることによって、今後の対策が変わります

うえせいイラスト
無料ブログの中には、広告主に見せるためなのかなんなのか分かりませんが、ロボットからのアクセスまでをアクセス解析と称してカウントして、かなり多く見せていることがあります。

常に多いので、そのデータの上下さえ見ていれば支障はないのですが、多くのサイトと比較して、アクセスが多いと勘違いをしてることがあります。
それと似たような勘違いで、この検索順位があります。

自分にあった結果が表示されているにもかかわらず、自分のサイトがよく表示されるからと、安心していてはいけないのです。

ただし、ここからはうえせい(@charin_co)の意見なんですが、多くの人がパーソナライズされた検索結果を見ているのならば、発信側がいくらログインしていない状態での検索結果にこだわっても仕方ないような気がします。

いかに、多くの記事をみてもらうかではなく、都度ユーザーの利益を大切にしたサイト作りを最大限活かすようなサイト作りを心がけていきたいと思います。

では、また。テリマカシ。

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ