旺季志ずかさんがゲストの、山崎拓巳さんの朝活に参加してきました

「臆病な僕でも、勇者になれた七つの教え」にとても共感して、ずっと直接お話を伺ってみたいと思いながら、やっと実現しました。

sponsored link

会場は、朝から80名定員が満員

さすが、人気のある著者さんのコラボは違いますね。

珍しい事に何名かの方に話しかけられました。
山崎拓巳さんと言えば、作家以外にも有名な分野があって、そっちでのつながりの方も多いのかな?という雰囲気でした。

会場は、大阪駅直結のルクア9階のTSUTAYAで、堺市在住のうえせい(@charin_co)は、あまり来ないのですがいい雰囲気です。

 

「心の中がフィルムで、現実はスクリーン」

臆病な僕でも勇者になれた7つの教え
「臆病な僕でも勇者になれた七つの教え」でもありましたが、現実の世界は自分の心が作り出すもの。

その事をものすごく端的にお話されてました。

私は既に本も何回か読んでいるので、すんなり入りました。
ホントに実際そうだと思います。

人間の五感から入ってくる情報は、あまりに多いので、意識の向いてるほうの情報しか残らず結果、幸せだと思っていれば幸せな事ばかり起こるし、逆もまたしかりです。

 

山崎拓巳さんの話がすごく面白かった

実はあまり得意ではなかったのです。

「やる気スイッチ」以降の著書は、ぜんぜん読んでませんでしたが、今回直接お話を伺って、とてもお話が面白くて、ただの読まず嫌いだっかかも。。と思って、これから著書を読ませていただこうと思います。

 

【最後に】サイン欲しさに5冊目買いました

最初に、電子書籍で読んだので、その後3冊買って配って、これで5冊目。
これは、サイン入りなので大事にとっておきます。
読み返す時は、電子書籍ですし。

実は今回、質問したくて手を上げたのですができず。
またの機会を楽しみにしておきます。

では、また。テリマカシ。

▼以前「臆病な僕でも勇者になれた七つの教え」を読んだ時の書評

sponsored link

lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。