うえせいWP.net

WordPressのホームページ制作とWEB活用コンサルティング【大阪府】

WordPress

商用で!アメブロなどの無料ブログサービスとWordPressの使い分け

うえせい@charin_co)のところには、アメブロユーザーも多く相談に来られます。
その内容の多くが商用で使ってたら、削除されてしまうかも知れないのでWordPressサイトの作っておきたい。
というものです。

確かにおっしゃるとおりですね。

その程度にもよりますし、アメブロに目をつけられるほどアクセスがあったりする場合に、いきなりバサッとやられる可能性はあるでしょう。

ですが、アメブロユーザーの方がWordPressサイトを同時に持った時に、共通して起こる問題があります。

sponsored link

引き続きアメブロだけを更新して、WordPressを放置してしまう

ameblo

アメブロには、読者登録などのつながりによりブログをスタートしてまもなくから、ある程度のアクセスを稼ぐ仕組みがあるのです。

それに較べてWordPressは、ただ考えもなしに運営していても、なかなかアクセスが伸びてこないことから、モチベーションが持続しないのでしょうね。

それに同時に同じことをテーマとしたブログを2つ運営していることで、手間が増えて面倒な訳ですよ。

 

価格を出すような商用の記事をWordPressに書けばいい

アメブロには価格が出るか出ないかで線引

アメブロに書いた方が反響があるならば、そうすればいいでしょう。
ただ、もともとWordPressでサイトを作ったのは、削除を恐れてのことですよね。
だったら、全部を書かなきゃいいんですよ。

導入部分や、オススメするポイントなどはアメブロで書いて、最終の締めの部分はWordPressブログで書けばいいのです。

締めの部分だけではおかしいでしょうから、商用の記事はアメブロからコピーして、リライトして短い文章にし、締めまで簡潔にまとめると、なお良いでしょうね。

 

固定ページは、ガッツリWordPressに書く

どの様なビジネスをしているのか?
所在地は?
あなたのプロフィールは?
価格帯は?

このような記事ではなく、いつも同じで時系列にする必要のない内容については記事ではなく固定ページにしてしまいましょう。
それでメニューでそれらのページで飛ぶようにしておけば、キッチリしている感じが出ます。

やはり商用利用を考える場合、読者=お客様になるわけですから、

無料サイトだけで運営しているけど、ここ大丈夫?

と思わせてはいけません。
やはりキッチリした見た目のものが必要となるでしょうね。

 

それほどアメブロで成果が上がってないのであれば、移行してまってもいい

WordPress
前述の例はアメブロで成果が上がっている場合です。

たいして成果が上がってないにも関わらず、アメブロもWordPressのサイトもお持ちというこは、それなりにインターネットの知識がおありの方だと思います。

だったら、WordPressでガンガン記事を書いていけばいいのです。
そのほうが、削除の心配なんてしなくて良くなるのですからね。

うえせいのまとめ

うえせいイラスト
今回は、ブログを商用利用していて、アメブロとWordPressの2つ持っている場合の使い分けについて、私の考えを書きました。
ただ、これについては明確な使い分けなんてものは無いし、お客様の層によっても変わるでしょうね。

自分の場合はどうすれば?
みたいな相談は、別途お受けしますよ。
問合せフォームよりご連絡ください。

ちなみに、この辺りをすごく上手にしているのは、
この方、七星なつこさんです。
一度ご覧くださいませ。
 
なっちゃんプロフィール
七星なつこさん
アメブロは→http://ameblo.jp/7natsu5/
 
WordPress→http://w-expss.com/

 

 

「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

うえせいのお知らせやメッセージを受け取ったり、ブログ相談会の募集告知を受け取ったりしたい方は、ううえせいやのLINE@を友だち追加してくださいね!
「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

sponsored link

合同会社うえせいやについて

合同会社うえせいやについて
「合同会社うえせいや」では、リーズナブルで柔軟性の高い月額管理費が0円の、自分で更新できるホームページの制作を承っております。
最終的に納品の際には、使い方のご指導をさせて頂くとともに、以降のサボート費用を質問の回答に限り、永年0円としておりましす。
ですので、以降の更新はご自身で、しかもスマホからも可能です。

お申込み、お問合せは無料です。
お気軽に、以下よりご連絡ください。

こんな記事も書いています

コメントを入れて頂くと嬉しいです。

*