「外で働くだけって、羨ましい」約3年間、仕事をしながら家で食事を担当してきて感じること

勤めていた会社を辞め起業して、もうすぐ3年になります。

食事を作るのを受け持つと同時に自由になる時間も作れる事から、子どもに関係する事も多くやっています。

もちろん、収入が増えた今となっては多くの仕事を抱えながら。。。

そんな私が思うことは、「外で働いてるから」という理由だけで、家事や育児のほとんどをしなくていいというのは、すごく幸せなことでまわりや家族に感謝しまくってちょうどいいということです。

何故、そう思うようになったか理由をまとめてみました。

 

sponsored link

1.時間が細切れになって、効率が悪い

私の例でいうと、朝起きるのは、サラリーマン時代よりも早い5時台。

起き抜けから、仕事スタートするのですが、ある程度の時間になると、弁当作ったり、その他もろもろあります。
英治の弁当
▲私が作った弁当

そこから、アポイントが無ければ家で仕事してますが、夕方になると、今度は買い物そして晩御飯。

片付け終わって、仕事が残っていれば、また21時くらいから仕事。
もしくは、勉強していたりします。

十分に仕事する時間があるようで、途切れると集中力がキープ出来なくて、どうしても効率が悪くなるのです。

 

2.仕事は休んでも、家の事は途切れない

佇む、うさぎのきぐるみ
仕事は、ひとりでやっているので、お客様に迷惑をかけないようにしていれば、いつでも休めます。

しかし、ご飯作らないわけにもいかない(例え外食するにしても、冷蔵庫に入っている食材のロスが無いかを判断する労力もある)し、子どもをどこか連れていったり、習い事をしていたら送り迎えもある。

結局、ずっと休みがない。

 

3.子どもと過ごすのは楽しいが、大半はただの日常

子どもと作ったプラモデル
そりゃあ、我が子といて楽しくない訳ではないのですが、毎日毎日ずっと成長を感じられて楽しいなんてことはなく、ただの日常が続いているんです。

「こどもなんて、すぐ大きくなるから今のうちに一緒の時間を楽しまないと、、、」と、人生の先輩方はいいますが、当事者はなかなかそうは思えないものですよね。

 

【まとめ】「会社で仕事をする」これだけの役割なら、こんな楽なことはない

うえせいイラスト

会社組織の中で働いているなら、自分の担当していることだけを考えれば良いわけで、そこで望まれる結果を出せばいい。
家に帰れば、掃除された家で食事があって、家計のことも考えなくていい。

良いとか悪いとかの問題ではなく、1つのことに集中しているだけで生きていける状態というのは、実はこの上なくステキなことなんですよ。
実際3年やってみて、本当にそう思います。
私には、月に数回の出張の時くらいしかそういった時間はありませんからね。

よく著書を読ませて頂いている心屋仁之助さんも、
「好きな事だけをやってワガママになって生きると、周りの優しさに気づいて、感謝しかなくなる。」
「そして、感謝をたくさんすれば豊かさが手に入る」

とおっしゃっていました。

まさに、ワガママに生きてるはずなのに、その意識がないと感謝出来ないですよね。

以前「内観寺」というところで、自分自身を見つめなおしたことがあるのです。
まわりの人ひとりひとりを取り上げて自分にしてくれていること、自分が与えていることを、ひたすら何日間もだれとも会話せず考えるんです。

すると、自然の涙がでて感謝しかなくなります。

一度、自分がしてもらっていることと、していること、を比較して考えて感謝をしてください。

では、また。テリマカシ。

sponsored link

lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。