「HotdogPress(ホットドッグプレス)」がWEBマガジンとして復刊していた

HotDogPress(ホットドッグプレス)

私うえせい(@charin_co)もそうだが、「HotDogPress(ホットドッグプレス)」という雑誌にお世話になった方も多いのでは、ないでしょうか?

当時は、ファッションや、クリスマスやバレンタインデーなどのイベントの時のデートのこと、性関連のことまであって学生の恋愛バイブルみたなものでした。

その「HotDogPress(ホットドッグプレス)」が休刊になっていたのは知っていたのですが、いつの間にやら復刊していたので、我々40台のオヤジには一台ニュースではないでしょうか?

 

sponsored link

ターゲットはオヤジに変わっていた

HotDog
昔は、若者の恋愛バイブルだったのにも関わらず、休刊して復刊したらその時代の若者たち、つまり我々40台をそのままターゲットにしている模様です。

やはり、若者相手に受けなくなってしまって休刊になってしまったので、もともと当時読んでいた世代を相手にしようとしているのでしょうね。

 

本の「オヤジが若い女性と仲良くする方法」がメインの様です

HotDog特集記事
Docomoの「dマガジン」アプリで、見かけて懐かしくなって読んでみましたが、ビックリ!
当時読んでいたオヤジ達を相手に切り口は同じ。

しかも「ザキヤマ」がメインで出てきていて、ファッション雑誌のオシャレ感は全くありません。

【関連記事】「dマガジン」っていう雑誌を読めるアプリ。これだけ読めて月400円っていいの?

 

【まとめ】「HotDogPress」は、肉食系オヤジの為のバイブルに変化を遂げたようですね

うえせいイラスト
草食系男子だとか、なんだとか・・・
いまの若い世代の恋愛事情はよく知りませんかが、やはり当時の方がガツガツしていた人が多いのでしょうね。

だから、「HotDog」のような雑誌が売れていて、その世代がガツガツしたままオヤジになってこんな雑誌を読んでいる。
そう考えると、男っていつまでたってもバカですね。

我々40台には、とっても懐かしい「HotDogPress」を紹介しました。

では、また。テリマカシ。

sponsored link

HotDogPress(ホットドッグプレス)
lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。