関東の「桜餅」がクレープみたいで関西人のうえせいが衝撃を受けた件

桜餅東西対決

2016年4月10日美味しいもの

大阪生まれで、人生の大半を関西で過ごした私うえせい(@charin_co)関東の桜餅が違う形だってことをはじめて知ったのでブログにしました。

 

sponsored link

それは、近所の高島屋で起こりました

高島屋のデパ地下で食料品を買物していると、「関東風の桜餅」なるものが売っているではないですか?

うえせい
えっ、桜餅って関東では違うの?

とか思って見てみると全然違うではないですか?
思わず買ってしまいました。

 

関東の桜餅はこんなんだ

桜餅・長明寺
関東の人にとっては、当たり前かも知れないですが、大阪人のうえせいは全く見慣れない食べ物なんです。

うえせい
えっ、このクレープみたいな食べ物ってなに?

って感じでしたが、食べた感じは餅でした。

ただ、調べてみると別名を「長命寺(ちょうめいじ)」といって、皮に小麦粉等を混ぜているらしいので、うえせいのクレープみたいというのはあながち外れではないようですね。

 

ちなみにうえせいには、見慣れた関西の桜餅は、こんな感じ

関西の桜餅・道明寺
これが、うえせいが子どもの時から見慣れているものです。

この機会に調べてみると、関西の桜餅は別名「道明寺(どうみょうじ)」というらしいです。
原材料の 「道明寺粉(もち米の粉)」で作られているかららしいです。

 

実際に食べてみた感想

sakuramochi_image
正直、慣れた桜餅も美味しいかったのですが、関東の「長明寺」のなかなか美味しかったです。

これはこれでアリですね。
ただし、関西では滅多に売っていないので、食べる機会は少なそうです。
 

【関連記事】UHA味覚糖のグミ「コロロ」の「つぶつぶ苺」を食べてみた!

【関連記事】「お麩のドーナツ風ラスク」の作り方

【まとめ】どちらにしても、春のこの時期。季節を感じながら頂きたいですね

うえせいイラスト
◯関東では「長明寺」という、こしあんを小麦粉等を混ぜている皮で巻いてるものが桜餅
◯関西では「道明寺」という、つぶあんを道明寺粉というもち米で作った米粒が少し残った餅で包んだものが桜餅

というおおきな違いがあります。
どちらにしても、春を感じられる和菓子です。

春の時期に召し上がっておきましょうね。

では、また。テリマカシ。

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加