ブログを書く時は「小見出し」を付けると、人にもクローラーにも優しくなる理由

2016年4月9日ブログ

私うえせい(@charin_co)は、ブログを書く時には、必ず「小見出し」をいれるようにしているし最近はスマートフォンのことも考えて、こまめ入れるようにしています。

その理由は2つあります。

sponsored link

文字の羅列だけだと圧倒される

文字がたくさんある
媒体が紙であろうと画面であろうと同じです。
文字が目の前一面にあると圧倒されるし、紙よりも読みづらい画面だと余計に読みたく無くなります。

適度な感覚で「小見出し」が入っている方が、読みやすいと感じるでしょう。

 
だからと言って、ポエム調に書いちゃう人がいますが、読みにくく文章が幼稚に見えます。
それにスマートフォンだとスクロールしまくらないといけなくなるので、うっとうしいですからね。

 
▼そのあたり、七星なつこさんが詳しく書いています。

 

GoogleやYahoo!のクローラーにも優しい文章になる

ロボット
厳密に言うと、Yahoo!はGoogleの検索エンジンを使っているので、Googleのクローラーのお話なのですが、自分のブログにクローラーが来た時に、キチンと小見出しでまとめられている方が、見やすいサイトとして認識してくれます。

クローラーというのは、世界中のサイトを行き来してその内容を読み取ってGoogleに登録してくれるもの。
これがめぐってこないと、検索結果に表示されません。

ただ、ロボット君なのでいくら心に響く文章を書いても理解はしてくれません。
キチンと小見出しがついていて、それごとに整理整頓がされている文章がイコール読みやすく読者にとって有益だということです。

もちろん、人間にとっても整理整頓されている文章の方が理解しやすいですよね。

 

だからと言って神経質になる必要はないと、Googleのマット・カッツ氏も言っている

小見出しには、
<h1>
<h2>
<h3>・・・

という階層があります。
この階層は、h1の次にいきなりh3に飛んでいたりと階層ができていないといけないとされていましたが、Googleのマット・カッツ氏は関係ないと言っています。

【関連記事】本気なら、毎日ブログを10記事以上書いた方がいいのかって?質問に答えてみた

【関連記事】ブログ記事を検索エンジンで拡散させる為のタイトルの付け方

【関連記事】ブログでアクセス数を伸ばす方法は「質より量」だ。とにかく書こう!

 

 

【まとめ】神経質になることはないけど、人が見て見やすいようにはしておきましょう

うえせいイラスト
前述の通りマット・カッツ氏は言っていましたが、これ順序の話しで「小見出し」がなくていいと言っている訳ではありません。
順序に関しても、整理されている方がいいに決まっているので、神経質になる必要はありませんが、できればやっておくにこしたことはないでしょうね。

では、また。テリマカシ。

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ

2016年4月9日ブログ

Posted by 合同会社うえせいや 代表うえせい