街乗りメインのロードバイクのハンドルは、ブルホーンがよい2つの理由

2016年4月2日自転車

最近また、自転車に乗る機会が多くなったのをきっかけに、心機一転(というか慣れ親しんだ)ハンドルをブルホーンに変えました。
そして、しばらく走ってみて思ったのが「やっぱりいい!」という感想。

ブルホーンハンドルの何がいいかを、まとめてみました。

sponsored link

そもそも、ブルホーンハンドルって?

うえせいのロードバイクをブルホーン仕様に
こういったタイプの自転車の多くはドロップハンドルというクニャッと曲がった形のハンドルが付いていると思います。
最近は、街乗り&初心者向けにバーハンドルが付いているものも多いようですね。

そのどちらでもなく、名前の通り牛の角のように前を向いて付けているのがブルホーンハンドルです。

握る部分がハンドルの前方になり、ドロップハンドルのブレーキのブラケットの上。
つまり1番良く握る箇所と同じくらいの位置を握ることになるのです。

理由1:ハンドルをガッシリ握れる

ドロップハンドルのブラケット部分よりも、よりガッシリ握れます。
コレによって、街乗りで多い信号でストップしたあとのスタートダッシュで、ハンドルをしっかり握って引き上げることができます。

これを初心者向けに多いバーハンドルだと、横向きに握ることになるので、ぐらぐらしてまっすぐ走り辛いのです。
そもそもバーハンドルというのは、マウンテンバイクの為のモノで、未舗装の道を安定して走らせる目的が強いです。

ドロップハンドルの場合は、ドロップした下の部分。
いわゆる「下ハン」を握ることによって、よりパワーがでる最強ハンドルなのですが街乗りということを考えると、次のことからブルホーンハンドルに軍配が上がるのです。

理由2:ブレーキレバーが握りやすい

街乗りの時は、予想していないタイミングでブレーキを握ることが多々あります。

ドロップハンドルは、目的に合わせて握る箇所を変えられるので、ポジションさえキッチリ合わせていれば、最強ハンドルなんですが、しっかり止まれるからこそ安心してスピードを上げられます。

そのように考えると、ブレーキレバーが握りやすいというのは、この上ないメリットになるのですよね。

うえせいの自転車の場合は、もう少しカスタムが必要

レトロシフト
これは、かなりレアものの部品で、レトロシフトというものです。

ブレーキレバーの上にシフトレバーを付けてしまおうというものです。

もともとブレーキレバーについているシマノのSTIレバーというのをつければいいのですが、メカメカしいのが嫌いでこうなりました。

ただし、ブルホーンハンドルでこれを装着すると、めちゃくちゃ変速し辛いのです。

もう少し改良が必要ですね。

【関連記事】スポーツタイプの自転車を購入するときに気をつけるたった1つのこと|うえせいWP.net

【関連記事】自転車で移動するのは、トレーニングにもなるし時間の節約にもなるのです。|うえせいWP.net

【まとめ】街乗りメインのロードバイクなら、ブルホーンハンドルが超おすすめ

うえせいイラスト
ブレーキレバーが握りやすくて、スタートダッシュにも優れているのでメッセンジャー達に愛用されていました(いまは、どうか分からないので過去形)。
私もメッセンジャーをしていた経験があって、使いやすいという理由としては慣れ親しんでいるというのも多分にあります。

ただし、メリットから考えると今でも十分に通用するもので、もっと完成者として最初からセットされた状態で販売されていてもいいと思うのですが、あんまり売ってないですよね。

本格的なロードバイクになると、ブルホーンハンドルだと公式のレースに出られないというデメリットがあるからでしょう。

ただ、私のように街乗りメインでトライアスロンに出るような人にはまったく問題はありません。
私は、自分で交換しましたが、自転車屋さんに頼むとサクッと変えてくれますよ。

お試しあれ。

では、また。テリマカシ。

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ