Google Seach Consoleを登録したら、まずやること【インデックスされて読者と出会うために】

サイトマップを登録

2016年3月22日WordPress使い方

せっかくいい内容のブログを書いても、読者になって欲しい人に読んで貰えなかったら悲しいですよね。

どんな人に読者になってもらいたいのか?
つまり、どんな人に向けて書いているのか?

そして、その想定読者様は、どうやってこの記事にたどり着いていただけるのか?

とっても大事なので、この記事の前編となる記事で書かせてもらいました。

【関連記事】検索エンジンにインデックスされるということが、読者と出会うということ【Google Search Console登録編】

 
今回は、「Google Seach Consoleを登録したら、まずやること」を、まとめてみます。

 

sponsored link

サイトマップを登録する

サイトマップを登録

WordPressを使っている場合は、とても簡単で「All in one SEO Pack」の「Sitemap XML」を設定するか、「Google XML sitemap」プラグインをインストールして、設定するかで、簡単にしかも自動でサイトマップを作ることができます。

このできたサイトマップを、登録するだけでOKです。

手順は、
上記のスクリーンショットのように、「サイトマップをテスト・登録」を押して出てくる画面に、サイトマップのURLを入力するだけです。
通常、前述したWordPressのプラグインなどを使ってサイトマップを生成している場合は、初期値のままだと「Sitemap.xml」というのが標準の名前ですので、この名前で登録することになることが多いでしょう。

コレによって、Googleに更新情報を送ることができますので、インデックスされるのが早くなることが多いです。

 

「Fetch as Google」を行う

Google Search Console
検索エンジンに登録したいページのURL(トップページでも可)を入力して送信するだけです。

何をしているかといいますと、自分なりの自信作のブログ記事を書いたので、Googleさん早く見に来てくださいね。と連絡しているような作業です。

多分、1週間で、500件だったか送信すると、ダメだとか聞きましたが、一週間で到底攻略できるものではないので、どんどん使うといいと思いますよ。

 

【まとめ】読者は検索エンジンが表示されているパソコンの前にいます

うえせいイラスト
ブログを書いていて、陥りやすいミスは、
◯自分の投稿したタイミングで、読者が読んでくれている
◯毎回自分の記事を読んでくれている
と思い込んでしまうことです。

当面は、この2の考えかたを捨てることからスタートしてください。
完成して、インターネット上にあるブログは、何年たっても存在していて、数年前のブログも平気で読まれています。

つまり、下手をすると何年も経ってから今書いているブログを、検索エンジンから検索して、クリックされて読まれている可能性があるということなんです。

その為のちょっとした工夫として、「Google Search Console」を上手に使うことをオススメします。

では、また。テリマカシ。

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加