「ヤバい」って言ってない?ボキャブラリーを上げたいなら、まず一番にやめるべき単語だ!

虫眼鏡で口が大きくなった女性

2016年3月19日言いたいこと

10代、20代の若い人たちがたくさんいるような場所に行くと、とにかくあちこちからこの「ヤバい」が聞こえてきます。

一昔前までは、まずい状況の時に使っていたように思いますが、いまはいろんな状況下で「ヤバい」を使っているようなんです。

 

sponsored link

様々なパターンで応用が利く便利な単語

虫眼鏡で口が大きくなった女性

  • 例えば、おいしいものを食べても「ヤバい」
  • まずいものを食べても「ヤバい」
  • 眠くなっても「ヤバい」
  • 体調が、すこぶる優れていても「ヤバい」
  • サウナですごく暑くて汗がハンパなく出ても「ヤバい」

何でもかんでも「ヤバい」を使ってさえいれば、同じ状況下にいる人たち限定でなんとなくニュアンスで伝わります。

慣れてしまうと、とっさに「ヤバい」以外が出てこない

叫ぶお爺

 
言葉というのは、時代の変化とともに変わっていくものですよね。
「全然」や「全く」という言葉の後には、昔は「ダメ」のような否定的な言葉が続くものだったらしいですが、夏目漱石も否定的でない言葉を付けていたりするくらいですから、当時から変化していたのでしょう。

そう考えると、日本語というのは、推してはかる言葉ですから、その進化といえばそうなんですよ。

ただ、この「ヤバい」という言葉は、文字通り「ヤバい」のです。
応用が利きすぎて、ボキャブラリーを下げてしまいます。
「ヤバい」以外の言葉がとっさに出ないようになってきて、そればかりになってきます。

そもそもの語源からすると、綺麗な言葉ではないようです

バナナピストル

諸説ありますので、はっきりとは断言できないようですが、どちらにしても出自は綺麗なものではないようです。

つまり、意図せず汚い言葉遣いをしているということになるんです。

子育て世代は、まず自分から「ヤバい」をやめる

親自らが使っていたら、子ども達が使わない訳がありません。

綺麗な言葉遣いで、正しい日本語を話して欲しいと学力の高い学校に入れたり、勉強させたりしても、家庭で親の言葉遣いを真似してしまいますよね。

「ヤバい」をやめてみることをオススメします。

 
【関連記事】子どもに自分で考える力を育てたいなら、考える機会を与えないとダメだと実感

【関連記事】子どもには失敗する権利があって、それを親が奪うことは罪なことだと思うのです。

【まとめ】日本語が乱れているとか、別にどちらでもいいのですが

うえせいイラスト
実は、私うえせい(@charin_co)も言葉遣いってそんなに上手でもないんですよ。
敬語とか難しいし、こうやってブログを書いていても、コレってあってたっけ?みたいなことがたくさんあります。

でも、意識をしているしないかで差が出てくると思いますよ。

まずは、簡単に取り入れられることとして、「ヤバい」をやめてみるのもいいのでは?

では、また。テリマカシ。

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ