iPhoneアプリ「photoshop fix」で自分の写真を編集してみたら別人になった

2016年3月12日iPad pro, スマホ

AdobeのiOS向けのアプリが、無料で使えるのにも関わらず、かなりの機能ですごく便利に使わせてもらっています。
仕事がら、Adobeの「クリエイティブクラウド」を使っているので、それに連携できるのも、とてもうれしいポイントです。

ただ、「クリエイティブクラウド」ってなに?って方でも、単体で十分に使えるものもあるので、そのウチの一つをご紹介します。

 

「Photoshop Fix」は、とっても高性能なのに直感的に使えて面白い!

iPadやiPhoneで本格的な画像レタッチや復元ができるアプリです。
修復、スムーズ、ゆがみや明るさの調整がすごく簡単にできてしまいます。

アプリの説明はこのように書いています。

  • 思い通りの見栄えや構図を実現する、多彩な機能を備えたツール群で写真をレタッチおよび作成
  • ゆがみ — 好きな部分をプッシュ、プル、回転、拡大、再構築して、微妙な表現や劇的な効果を生成。
  • 修復とパッチ —不要な部分を周辺エリアを利用して修復し、最終結果を自然な形で一体化。
  • スムーズ — 肌や風景などのエリアを滑らかまたはシャープに表現。
  • 明暗 — 写真の特定部分の明るさや暗さの追加や削除。
  • 種類豊富な必須ツール群を使って、写真を編集および調整
  • カラー — すべての色を除去するか、色と白黒を組み合わせて彩度を低減。
  • ペイント — サンプルカラーを抽出するスポイト、調節可能なブラシと消しゴムによる緻密な効果。
  • 調整 — 周辺光量を追加したり、露出やコントラスト、彩度をコントロール
  • ぼかし — 写真の焦点をぼかして、主要なテーマに注目させる。
  • お手持ちの画像をデスクトップのPhotoshop CCに直接送信すれば、各写真を洗練したり、持ち歩くことも可能です。Fixはすべての編集内容をレイヤーに変換し、画像をPSDファイルとしてパッケージ化します。

 

うえせい、自分のFacebookのプロフィール写真を「Adobe PhotoshopFix」でレタッチしてみました

うえせいFacebook
▲これが、うえせい(@charin_co)のFacebookのタイムライン。

 
うえせいレタッチ
▲Facebookのプロフィール写真を「PhotoshopFix」で開いて「ゆがみ→顔」と進みます。すると顔のパーツを調整できるようになります。

 
うえせいレタッチ
▲目を大きく鼻を細くして、口を大きくクチビルを厚くしました。ついでに、あごをシャープにしてみました。

 
【関連記事】ブログ編集アプリの「SLPRO X」を使って記事を投稿する方法

【関連記事】Pepper World 2016に参加!ロボットというより新しいデバイスと考えるといいようです

 

【まとめ】完全に別人になってしまいました

うえせいイラスト
簡単に、顔のパーツを操作することができるので、面白くなってこんなことになってしまいました。

今回は、ブログ用に大げさにいじってこんな感じになってしまいましたが、1〜2メモリずつを動かすと見た目には分からない程度に、結構いい感じに仕上げることもできますよ。

これだけの高性能なのに簡単に使えて、しかも無料。

オススメです。

では、また。テリマカシ。

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

2016年3月12日iPad pro, スマホ

Posted by 合同会社うえせいや 代表うえせい