うえせいWP.net

WordPressのホームページ制作とWEB活用コンサルティング【大阪府】

うえせいのコラム

ソフトタイプスーツケースDELSEY超軽量ダーフィン買った!もうハードタイプに戻れない理由

機内持ち込みするサイズのスーツケースには、ソフトタイプのスーツケース一択だと思っています。
今回買った、デルセーの超軽量スーツケースの紹介と、なんでハードタイプだと使えないかという理由をまとめておきます。

 

sponsored link

超軽い!DELSEY 軽量スーツケース ダーフィン購入

これを買った理由は、デザインでも使い勝手でもありません。
唯一、超軽量だということ。
なんせ、1.5kgしなかないのです。
だいたい、ソフトタイプのスーツケースでも2kg台というのが普通で、ハードタイプになると3kgを超えるモノも普通です。

そんな中、こいつは1.5kg。
この軽さは、出張でたびたび飛行機に乗る身としては、とてもうれしい。
機内持ち込み荷物の総重量が決まっているときに、1kgも違っていると持っていく荷物の事を1kg分気にしなくて済むからです。

DELSEY キャリーバッグ
▲とても、シンプルな外観です。

DELSEYキャリーバッグ 表のポケット
▲表にはこのようなポケットが一つあります。

デルセー キャリーバッグ 中
▲中はこのようになっていて、特に変わったことはありません。

デルセー キャリーバッグ 内ポケット
▲そんなに使うことないかも知れないが内ポケットもついています。

かなりシンプルな作りになっています。

ただし、これは実際に触ってみないと分からないことですが、剛性感はこの重量の割にはかなり剛性はあるような感じがします。

 

うえせいがソフトタイプを愛用しいてる理由

開けた時に両開きになるハードタイプは場所をとります

私は、宿泊する場所にこだわりはない上に、いろんな人達と交流ができるドミトリーが好きだったります。
そこで、ハードタイプだと両開きになるので、キャリーバッグの面積の倍必要になるというのは、はっきり言ってベッドを占領してしまうのです。

家でパッキングする時も、邪魔ですよね。

ソフトタイプだと、片方はポケットはついていたとしても完全なフタなので、ハードタイプの半分のスペースで済みますし、なんだったら立てたままパッキングすることも可能です。

 

フタの部分に荷物を入れて、締めるなんて意味が分からん

両開きのハードタイプの場合、フタの部分にも荷物を入れることになりますので、最終的に詰め終わったあと、
「よっこらしょっと」
と、重いフタを締めなくてはいけません。

カサの高いものはいれるのに一苦労します。
その点、ソフトタイプだと単純に、2倍高さがあることになるので、ドンドン放り込んでフタのジッパーを閉めれば終わりです。

だいだい、世の中のケースというケースを見ても、フタにものを詰めてから「よいしょっ」と締めるものって、他にはないのでしょうか?

 

多少膨らむので、詰め込める

ソフトタイプだと布なのである程度、形は変形することが出来ます。
全然入らない場合は仕方ないですが、この点ではソフトタイプの方が有利です。

ハードタイプの場合は、固いので形が変形することはないです。
ぎゅうぎゅうに詰め込んだ時の容量は、ソフトタイプの方が多いのではないでしょうか?

 

手荷物検査の時にPCを出し入れするのが楽

ここが、私にとってとても重要です。
機内持ち込みできるサイズや重量しか、荷物を持って行かない(荷物を引き取るために待つのが嫌いなので)ので、手荷物検査を受けることになります。

いま、ノートPCやタプレっとは別で検査を通す必要があります。
そうなると、スーツケースから出さないといけないということになりますよね。
ハードタイプの場合どんなことになるかは想像できるでしょう。

よく空港で、両開きのものを広げてガサガサしている人を見かけます。
あまり、見た目にスマートなものではないですよね。

その点、ソフトタイプだとポケットに入れておいて、検査の時に出してサッと戻せます。

私は検査の時だけキャリーバッグから出して、終わったら戻したり、その逆もよくします。
ハードタイプだとこのような出し入れは、しようと思わないですからね。

【関連記事】関空からpeachの飛行機に乗って、関西を感じる3つのポイント

【関連記事】peach航空のセルフチェックイン機でエラーが出たらどうなるのか?

【関連記事】peach航空なのに足元広々に座れるかもしれない方法

 

 

【まとめ】

うえせいイラスト
私もスキューバダイビングの仕事をしいてる時は、ハードタイプのものを持っていましたが、それ以降ずっと使っていません。

ソフトタイプしか使わないようになったいま、ハードタイプは使いにくいものでしかないのですが、日本ではハードタイプのものが主流で、特に女性向けのものはかなり少ない。
カワイイものは、皆無ですからね。

しかし絶対的に使いやすいので、短期間での旅行や、出張をよくされる方。
騙されたと思って、一度ソフトタイプをお試ししてください。

では、また。テリマカシ。

「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

うえせいのお知らせやメッセージを受け取ったり、ブログ相談会の募集告知を受け取ったりしたい方は、ううえせいやのLINE@を友だち追加してくださいね!
「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

sponsored link

合同会社うえせいやについて

合同会社うえせいやについて
「合同会社うえせいや」では、リーズナブルで柔軟性の高い月額管理費が0円の、自分で更新できるホームページの制作を承っております。
最終的に納品の際には、使い方のご指導をさせて頂くとともに、以降のサボート費用を質問の回答に限り、永年0円としておりましす。
ですので、以降の更新はご自身で、しかもスマホからも可能です。

お申込み、お問合せは無料です。
お気軽に、以下よりご連絡ください。

こんな記事も書いています

コメントを入れて頂くと嬉しいです。

*