座裏の「牡蠣とかはまぐりとか 貝賊」ガッツリ貝づくしが戴ける

生牡蠣

2016年2月21日美味しいもの

通称「座裏」というなんばの歌舞伎座の裏にある昔はすこし、怪しい感じのするあたりだったのですが、今やちょっとオシャレな感じで気軽に入れるお店がたくさん集まる場所になっています。
その中にある「牡蠣とかはまぐりとか貝賊」さん。今回で2度目の訪問。
前回は、空腹のあまり「アメリカンサイズの牡蠣フライドッグ」をガッツリ食べて、お腹いっぱいになってしまったこともあって、今回はガッツリ貝を堪能してきました。

 

お店はこんな感じ

gaikan
外観はこんな感じです。
そんなに大きなお店ではないですが、なんか雰囲気いいでしょ?

 
生牡蠣
お店の中は厨房か見える様になっていて、焼いてるのを見て、そしてにおいで食欲がいい感じに増してしまいます。

 

ガッツリ貝をいただきました

まずは、つきだしから貝がタップリでてきます。
出しがしっかり効いた貝の煮物だったんですが、半分くらいが閉まってて開けるのに苦労しました。
突き出し

生牡蠣
▲この生牡蠣が、写真ではサイズ感が分からないかもしれませんが、また大きいんです。そして、メチャうまでした。

 
はまぐり
▲はまぐり戴きました。このはまぐりは4年ものと10年ものと選べるのですが、10年ものです。さすがに10年ものとなるとサイズがでかいですね。しかも貝の旨味がしっかりしています。

 
やかんの貝
牡蠣やかん
▲おそらくここの名物でしょうね。「貝のやかん蒸し」です。本当にやかんに入ってチンチンにアツアツで出てくるんです。サイズも選べるので大人数だと嬉しいですね。

 
ホタテ

 

やっぱり、〆はラーメンでしょ!の人には嬉しい。はまぐりラーメン

締めはラーメン
ココのお店の、はまぐりラーメンは、別のお店でラーメン店として出されているもので、これ単品で頂きに来たいくらいの旨さです。
はまぐり旨味がしっかりとしてて、透明のすっきりした出汁が、〆に頂くのにとってもちょうどいいです。

【関連記事】なんばの「牡蠣とかはまぐりとか 貝賊」の「アメリカンサイズの牡蠣ドック」デカいし旨い件

▼お店の詳しい情報はこちら

 
牡蠣の提灯

 

 

【まとめ】この他にも結構魚介類を食べて飲んで6,000円ちょっと

うえせいイラスト
ここで紹介した以外にもかなりたくさん戴きました。
お酒も、結構飲んだのですが、一人あたり6,000円程度でした。

貝がウリのお店だけあって、貝類のクオリティはかなり高いです。

肉よりも、魚介類が好きなうえせい(@charin_co)にとっては、うれしいお店です。

ヘビロテ決定ですね。

では、また。テリマカシ。
 

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

2016年2月21日美味しいもの

Posted by 合同会社うえせいや 代表うえせい