うえせいの「いい加減な休日」自分のココロとカラダを積極的にリセットすることの重要性

寝るうえせい

2016年2月20日働き方

フリーで働いていると、どうしてもいつも仕事の事を考えてしまいがち。
会社をやめて、フリーになってから3年ほどたってようやく頭を仕事から離すことができるようになってきました。

完全休養ではないにしても、プラベート優先デーにしたうえせい(@charin_co)の1日はこんな感じ。

 

sponsored link

朝は、勝手に目が覚めるまで寝てやると決めて寝坊

寝るうえせい
いつもは、6時前後に目が覚めるのですが、わざと2度寝しました。
前日寝るのが遅くなったのですか、いつもなら昼寝を前提にして早めに起きるのですが、今日はそれもやめました。
とにかく、カラダ任せです。

人間の悩みの大半は、睡眠をキチンととることで、解決することが多いと聞きました。
もともとあまり無いのですが、睡眠をおろそかにするといけないと思い、ココ最近はキチンととるようにしています。

 

自転車トレーニングに出ようと、玄関をでると・・・そこは、雨


久しぶりに牛滝山(標高約283m)に自転車で登ろうと思って、家から自転車を担いででてくると・・・

雨やん〜!

ってことで、自宅トレーニング。

カラダを鍛える、運動するということは、適度にカラダを疲れさせることになります。
これは、積極的に休養させるために大事なこと。

私たちのような、頭脳労働をしている者にとっては、カラダは疲れていないのに疲れがたまる。

この疲れは、カラダの疲れではなく、頭とココロの疲れだけ。
バランスが悪いので、強制的にカラダを疲れさせて、疲れ具合をあわせてやると、良い休養になるのです。

 
自転車トレーニング

 
▼コレで腕立てかなりいいです

 

仕事をスタートしても、隣においてあるウクレレの練習をしてみたり

うえせいのウクレレ練習
仕事机のすぐとなりに、ウクレレをおいています。
ちょっと仕事すると気になって、練習してみたり・・・

プラベート優先だから、いいのです。

これは、単なる楽しみですね。

 
【関連記事】心屋仁之助さんの講演を聞きました。これで2016年はお金も仕事も全部上手くいくことが決定

【関連記事】「臆病な僕でも勇者になれた七つの教え」は、自己啓発本が苦手に人にこそオススメの人生のバイブルだ!

【関連記事】インターネットからの仕事が減るのは、忙しすぎると思わせてるかも知れません

 
【そんな事をしていたら、今日は心屋仁之助さんの本の発売日だった】

 

【まとめ】いい加減にしてもいい日を、作って自分を緩める練習をしていくことが大事だと思うのです

うえせいイラスト
私は、もともと「頑張る」「ガンバる」の頑張る人。

だから、ダラダラしている人がとっても嫌いでした。
仕事をサボる人、ルーズな人は許せませんでした。

でも、そんな事をしてもそれはもともと他人のことだし、そうやって緊張した毎日を過ごしていても、楽しくないのです。

だから、誰かにお願いできる部分はお願いして、自分のできること、やりたいことに集中しようと考えるように変わりました。

ただ、私はもともとが頑張る体質。
時々緩めるトレーニングが必要なんでしょうね。

日本人には、私と同じような人が多いはず。
時々、こころを緩めてあげてくださいね。

では、また。テリマカシ。

 

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ