「嫌われる勇気」の続編「幸せになる勇気」が2016年2月26日に発売予定!前文の一部が公開!

2016年2月18日書評

100万部を突破したベストセラー『嫌われる勇気』の待望の続編『幸せになる勇気』か2016年2月26日に発売になるようです。
発売に先駆けて、▼下のサイトで前文の一部が公開されています。

 

「嫌われる勇気」とは、どんな本だった?

嫌われる勇気
▲昔とった写真ですが、下手ですねぇ。

本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた一冊です。欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な“答え”を提示します。この世界のひとつの真理とも言うべき、アドラーの思想を知って、あなたのこれからの人生はどう変わるのか?もしくは、なにも変わらないのか…。さあ、青年と共に「扉」の先へと進みましょう―。
Amazonサイトより

哲人と、青年との会話形式ですすんでいき、青年はどんどん変化をしていく。
それに共感するようにして、私たち読者もアドラー心理学というものについて理解を深めていくという本でしたよね。

読まれましたか?

その続編が発売になるというとこで今から期待しています。

 

続編は3年後の設定です

「嫌われる勇気」では、最後に青年は
「次の機会があったときには、もはや論破などとは言わず、かけがえのない友人のひとりとして訪ねます」

と言って哲人書斎を出ました。

そして、3年後にまた青年は哲人の書斎を訪れました。
かけがいのない友人の一人として、ただお茶をしにきただけでは無いようですね。

そのあたりは、コチラのサイトをご覧頂くといいと思います。

 

【まとめ】前文だけ紹介されていますが、続きが気になります

うえせいイラスト

今回青年は、アドラー心理学を実践したことによって起こった出来事についての相談ですね。
多分、ちょっとかじってやってみたけど、実際は・・・
なんて人や、前回の本でも机上の話でしょ?
という人が、多いのかも知れません。

今回は、その辺のこともぐっと切り込んでくれるのではないかと期待しています。

▼Amazonでは、もう予約ができるようなので、是非手にとってお読みください。

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

2016年2月18日書評

Posted by 合同会社うえせいや 代表うえせい