うえせいWP.net

WordPressのホームページ制作とWEB活用コンサルティング【大阪府】

書評

「臆病な僕でも勇者になれた七つの教え」は、自己啓発本が苦手に人にこそオススメの人生のバイブルだ!

「臆病な僕でも勇者になれた七つの教え」というタイトルからして、子どもが読むような本かと思っていたのですが、Amazonさんがやたらに私に勧めてくるので、レビューを見てみると、とっても評価が高くて買って読んでみることにしました。

最初は、主人公が子どもだしカエルの姿をした仙人もみたいなのは出てくるしで、ロールプレイングゲームみたいだな・・・とも思いました。

しかし、読み進めていくと、冒険をしていくのですがいろいろな災難がおこったりして、都度それを乗り越えて、人生にとってすごく大切なことを学んでいくのです。
そのあと、キチンと解説されているので、感動すると同時に幸せに生きていくために知っておいた方がいいことが、すっと理解できました。

超オススメ本です。
 

 

sponsored link

主人公はキラという少年

少年たち
青い髪をと青い目を持って生まれた「キラ」という少年が主人公。
アメリカ人の父と、日本人の母を持つハーフなのだが、髪の毛が青い。

それと、その同級生で金持ちでスポーツができてイケメンの少年「リク」。
「キラ」からすると、何でも持っていて悩みなんかなさそうなのだが、実は深い悩みを持っている。

この二人が、あるキッカケから「失われたアーク」を探すという物語です。

 

あと登場するのはなぜか徳島弁を話すカエルの姿をした「老師」

この「老師」が子ども達に、知恵を授けて冒険を助けるのです。
姿や徳島弁がコミカルなんですが、話してくれる内容はとても興味深く、心に留めておきたいことばかりです。

他にもキラの母親や、途中で登場する重要人物もいるのですが、それは実際読んでもらうといいです。

 

印象に残ったことを1つだけ「現実は、自分の思考を体験しているだけ」

フードを被ったオトコの人

「信じられんかもしれんけど、この世は、おまはんらが何をしんじているか、それによって現実が変わって来るんじゃ。映画はスクリーンに映像が映しだされとる。あの映像がおまはんらの現実。映写機のフィルムは心なんよ。心が何を考え、感じているか、それが現実に映しだされているだけ。つまり、おまはんらは自分の思考を体験しているだけなんじょ」
「臆病な僕でも勇者になれた七つの教え」の中の老師の言葉より

現実に起こったことによって、考えたり感情が沸き起ったりしていると思っていますが、実は自分が考えていることが時間差で現実となって現れている。ということなんです。
(本の中の世間では、その時間差が限りなくあっという間に起こります)

望んでいることだけではなくって、不安に思っていることも起こります。
考えていることすべて。

心理学の世界でも、心配していることはずっと思考にあるので実際に起こると考えられているらしいです。

「頭の中を、自分の理想の将来で満たして、叶っているかのような行動をすると現実になる。」ということをよく聞きますが、まさに納得です。

 

小学6年生の子どもでも読めた!

読書をする子ども
他にも、たくさん印象に残っていることはあるのですが、ココでいうより「キラ」と「リク」の冒険の間に話す「老師」の言葉として読んでもらう方が、スッと心に入ってくると思うので、ここでは多くを書かないようにします。

ただ、主人公が少年ということで試しに小学校6年生になる子どもに読ませたところ、一気に読んでしまっていました。
途中難しい表現があるし、読めない漢字もあるので全部は理解できないでしょうけど、それでもとてもためになったようです。

また中学生になって思春期まっただ中に読ませると、違った取り方ができるかも知れないので、このままEvernoteにでもこのブログ記事を同期させておいて、3年後にリマインダーをセットしておこうと思います。

んかも
【こんな記事も読んでみて!】
子育ての悩みは自分で作り出しているだけ。心屋仁之助さん「ママの歌」動画を紹介

「好きなことだけして生きる」「がんばらない」ということについて、うえせいの現時点での考え

【まとめ】いまの人生は自分で考えたことが作り出しているなら、変える事もできる!!

うえせいイラスト
人間の意識は自分で分かる「顕在意識」ともっと深くで自分では分からない範囲の「潜在意識」とがあります。

物事の思考や判断は、実はこの「潜在意識」がほとんどのようです。

例えば自分は絶対にお金持ちになる!と思っていても「潜在意識」が「ムリムリ」と思っていると、叶わないのです。
潜在意識を変えるには刷り込みが必要なので毎日の繰り返しが大事。

見える所に、夢や野望を書いておくなんてことがいいのは、それが理由なんでしょうね。

ちなみに、私は心屋仁之助さんの「〈日めくり〉「お金」のお稽古 ~お金に好かれる! お金と仲よしになる! お金がわらわらやってくる♪~」を机の上においています。

ホントに「臆病な僕でも勇者になれた七つの教え」、オススメです。

では、また。テリマカシ。

「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

うえせいのお知らせやメッセージを受け取ったり、ブログ相談会の募集告知を受け取ったりしたい方は、ううえせいやのLINE@を友だち追加してくださいね!
「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

sponsored link

合同会社うえせいやについて

合同会社うえせいやについて
「合同会社うえせいや」では、リーズナブルで柔軟性の高い月額管理費が0円の、自分で更新できるホームページの制作を承っております。
最終的に納品の際には、使い方のご指導をさせて頂くとともに、以降のサボート費用を質問の回答に限り、永年0円としておりましす。
ですので、以降の更新はご自身で、しかもスマホからも可能です。

お申込み、お問合せは無料です。
お気軽に、以下よりご連絡ください。

こんな記事も書いています

コメントを入れて頂くと嬉しいです。

*