六星占術で言うと、私は大殺界なのでその確率を数学的に計算してみた

昔の暦でいうと、立春から新年が変わるので運気が変わるらしいです。

私うえせい(@charin_co)は、六星占術で言うと大殺界で、しかもその中心の「停止」ということろにいるようです。

▼ご自分の運気が気になる方はコレで

ただ、わりと理系な私は、大殺界にいる確率を調べてみました。

 

sponsored link

大殺界は、12年に3年・12ヶ月に3ヶ月・12日に3日あります

これを計算して人生の内で、どのくらいが大殺界に当たるかを計算してみました。

 

12年のうち3年は大殺界だから、それ以外で何ヶ月が大殺界になるか計算

◯12年 ー 3年 = 9年
◯9年 × 3ヶ月 = 27ヶ月
 
つまり、3年の大殺界以外で、27ヶ月(2年と3ヶ月)大殺界があるということ
ここまで、12年のうち5年と3ヶ月が大殺界だということになります。

 

12年のうち5年と3ヶ月は大殺界となったので、残る12日のうち3日の分を計算

◯12年 ー 5年3ヶ月 = 6年9ヶ月

6年9ヶ月を、日数にするとだいたい2460日
◯2460日 × 1/4 = 615日(約1年と8ヶ月)

約1年8ヶ月が大殺界として加算されることになります。

 

つまり、12年の内7年間は大殺界というこになります

すごい確率で大殺界となることになりますよね。
人生こんなにしんどいものでしたっけ?

 

日本人全体の58%の人が大殺界にあたります

石に押し潰される人形
7分の12ですから、約58%です。
単純に日本の人口を1億人だとすると、5,800万人の方が大殺界となります。

ものすごい数の人が、大変なことに見舞われることになるのですよね。

この数字をどうとるかは、個人の自由なのですが、少し多いような気がしませんかね?

 
【六星占術の本】

【まとめ】悪いことが起こると思うとそうなるものです。毎日「絶好調!」と言いましょう!

うえせいイラスト
もともと、ほとんど気にしたことがなかったのですが、人から言われて見てみました。

なんでも気にしだすと気になるものですが、こうやって数字に落としこむと面白いですね。
今日現在、私と同じ大殺界の人は2人に1人以上いるわけでしょ。
ということは、別に通常通りの運気だと言っても差支えないのかも知れませんよ。

悪いことが起こるかもと思っていると、そんなことが起こるし、絶好調だと思っていればそうなります。

ちなみに、昨年からうえせい(@charin_co)は絶好調です。
今年もそんな感じになると決めつけていますので、多分そうなります。
なので、立春からもよろしくお願いします。

では、また。テリマカシ。

sponsored link

lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。