ヘルニアで無理せずランニングしないことから一転。やっぱりトライアスロンに出たい!

うえせい自撮り

2016年2月2日トライアスロン

ヘルニアを発症してから半年。
ずっとランニングは封印してきました。
それにもかかわらず、トライアスロンに出たくなりました。

sponsored link

ヘルニアからかなり経つにもかかわらず運動できないでいる理由

もちろん、入院中にお医者さんから運動を禁止されたこともあるのですが、それも3カ月程度。
すでにその時期も過ぎていて、大丈夫なハズなのですがメンタル的にストップかけているのがコレです。

久々に、ちょっとだけ走った。東京マラソンで走るのもうやめようとおもっけど、やっぱり走る。走るの好きだったみたい

Posted by 上原 誠司 on 2015年7月27日

▲この時も、ランニングをやめていたのですが、久々に走ってみると気持ちよかったんです。

この投稿の翌朝に発症しました

腰痛のOZPAさん
少しずつ痛みだして30分ほどで激痛に変わり、身動きとれなくなりました。
退院しても、痺れが数ヶ月残るという状態。

久々にランニングをした翌日に激痛になったことから、走ると思いだすのです。
いわゆるトラウマですね。

たまに、走ろうという気になっても、明日の朝痛みがでたらどうしよう。
そんなことを思ってランニングできませんよね。

▼キッカケは「寒さ」でしたが、走って気持よくなって来たので続けようと思うのです。

 

ホントはショートトライアスロンに出たいのです

トライアスロン
いまのところは、ロングはもういいかなって感じですが、ショートには出場したいのです。
ウェットスーツは捨てちゃったりしましたが、もう古くなってたし出場が決まったら、また買います。

ということで赤穂トライアスロン大会に参加しようかなあ、なんて考えています。

▼赤穂トライアスロン詳細

まあ自転車も、水泳もイチから練習しなおしですが、半年でなんとかしようかと思っています。

【関連記事】

 

【まとめ】きっぱりやめてしまっても、好きだったらまたやりたくなるものだと実感

うえせいイラスト
マラソンも、トライアスロンも2度辞めようと思ってたのです。

  • 1度目は、極端に頑張る事を辞めた時
  • 2度目は、ヘルニアを患った時

でも、少し走れるようになっただけで、また出たくなるってことは好きなんです。
好きなことが、本当にそうなのか?または、続けて行くのがいいのかどうか迷った時。

そんな時には、一度やめてしまってもいいと思います。
そのまま、辞められるのならそうでもなかったと、きっぱりやめてしまえばいいし、またやりたくなったらやればいい。

つまり・・・

好きにしたらええねん!
ってオチでした。

では、また。テリマカシ。

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ