Facebookを始めとするSNSにシェアする時に最適な、WordPressのアイキャッチ画像のサイズ

WordPressで投稿記事を書いた時に、アイキャッチ画像を設定します(もししてないなら、しましょうね!)
書いた投稿を拡散させたいのなら、是非ともSNSシェアすべきなんです。

この時に、SNS側で出来るサムネイルの画像は、設定次第ですが多くの場合アイキャッチ画像にしていると思います。

そのアイキャッチ画像に使うと良いサイズをテストしてみましたので、参考にしてみてください。

※2016年1月現在の情報ですので、変更されている可能性がありますので、ご注意ください。

sponsored link

各SNSにシェアしてサムネイルを作ってみた

Facebookの場合

FacebookでのOGPテスト
▲Facebookで表示させるとこんな感じです。

今回のサイズは、画像サイズの仕様をキッチリしているFacebookに合わせて作りました。

1200✕630(1.91✕1)という変なサイズです。

 

Google+の場合はどうでしょう。

OGP画像表示テスト Google+
▲Google+で表示させるとこんな感じ

ほぼ、Facebookと変わらない感じですね。

 

では、その他SNSでよくなる正方形にトリミングされた場合

SNSで正方形にトリミングされた場合
Twitterは、Twitterカードの設定によりますが、このような場合もありますし、LINEはだいたい正方形です。

LINEのタイムラインに表示をさせる場合は、あまり横長では無い方かいいようです。
どうやら、トリミングがうまくいかずにエラーになることがありました。

 
【関連記事】

【まとめ】1200✕630サイズで、表示させたい部分は極力中央に寄せておく

うえせいイラスト
※2016年1月現在の情報です。

今回はFacebookを基本に考えてサイズを設定しましたが、これも2014年に変更になったものです。
結構頻繁にこのような変更を加えてきますので、過度にFacebookのサイズを意識しない方がいいと思います。

今後より、スマートフォンでの閲覧が増えてくると、もう少し縦に伸ばしたほうが画面の収まりがよくなってきます。

そうすると、サイドがトリミングされるようなことになります。
すべての記事において対応させるわけにもいきませんので、トリミングされても大丈夫なように見せたい部分は中心にあるようにしておくのが、最善の策だと思いますよ。

とは言え、現時点でのベストなサイズをテストにて導き出してみました。

では、また。テリマカシ。

sponsored link

lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。