Facebookのポリシー改定の要点解説。そして、今さら騒ぐものではないという理由

Facebookポリシー

2015年1月11日SNS

Facebookは新年早々より、ポリシーを改定するということを発表していました。
私うえせい(@charin_co)は、ほぼノーリアクションだったのですが、意外とリアルで次のような質問が多かったので、要点を解説しておくことにしました。

来年Facebookって、使うとマズイことになるの?

sponsored link

2015年1月のFacebookのポリシーの改定ポイント4つ

Facebookポリシー
Facebookは改定に関して、コチラにて、解説しているのですが、どうやら分かりにくいのと、そもそも読む前から難しいだろうと決めつけてる方が多いようです(実際そういうことが多いのですが)。

なので、うえせい(@charin_co)流の解説をしておきますね。

①Facebook上の個人情報の公開範囲に関して書いてある

自分の情報の共有範囲

  • 投稿の共有範囲設定(投稿が誰に見られるか)
  • プロフィールが誰にどのように表示されるか

他の人とのやり取り

  • タグ付けの制限・削除
  • 友達の削除・ブロックのしかた

広告や友達の投稿の管理

  • 広告表示の管理(特定のページからの広告表示を制限する、など)
  • 親しい友達・ニュースフィードに投稿を表示しない方法

と、つらつら書いているが、ユーザーがプライバシー情報に関して自身でキチンと把握しましょうってことですね。

 

②広告に関して

表示される広告は管理できるのですが、その方法が解説されています。
これも、自分でよく把握する必要がありますね。

③決済機能の強化

今後Facebook上で決済が出来るようになってくるようです。
恐らく、今はビジネスで使おうと思えば、
1.ランディングページへ誘導
2.ECページで買い物
という流れになるのですが、それがFacebookで完結するようになるようです。

おそらくFacebook以外のSNSでもそうなってくるでしょうから、今後の動向を要チェックですね。

 

④位置情報について

いま、フォースクエアでもあるのですが、現在地はGPSで知ることができるので、その位置から近いスポットの情報をSNSから通知しようというサービスが強化される模様です。

まずそれには、位置にまつわる情報を取得する必要があるがあるので、その辺りの解説をされています。

うえせいが、今回の改正に関して思うこと

うえせいイラスト
端から端まで、よく読んでみたが、インターネットという特性を考えると当たり前のことを書いてあるだけのような気がします。

要は、大したことはありません。

SNSについて、解説を求められたりすることが仕事上多いのですが、

「◯◯には投稿を見せたくないのですが」

「いいねしたことを知られない方法はないですか?」

こういった類の質問について、いつも同じことをお話します。

インターネット上にアップするんですから、誰にでも見られて問題ないものだけにしておきましょう。

というこです。

公開範囲が限定されていても、その投稿を見た友だちが別の媒体にアップロードしたらその時点で、全世界に伝わります。

インターネットとは、そういうものだと割りきって、自己責任で使おうと思うと、逆に楽になったりするもんですよ。

※ちなみに1月1日からと言ってた、改定は30日からになるようですね。

 

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ