泉北ライナーの車両って「特急りんかん」そのままやん!

南海の「難波」から自宅のある泉ヶ丘まで、泉北ライナーに乗りました。
乗車時間は、わずかに20分程度。
あっと言う間でした。

泉北ライナーの正面

sponsored link

指定席は快適そのものです

全席指定なので、座席も全部進行方向に向いた形でならんでいるタイプ。
横向きより絶対こっちのほうが快適なんですよね。
泉北ライナーの中

しかも、すっごく空いているので、551の蓬莱の豚まんを買っても空いているので、臭いも大丈夫だと思います。
551でもへっちゃら

 

新しいハズの泉北ライナーって、どこかの使い古しなのか?

泉北ライナーの中だが、少し古い?

2015年12月5日から運行ですので、私が乗ったのは12月10日で、まだ5日目。
そんなに汚れているはずはないのですが、ところどころ汚れが目立ちます。
シートも新品ではないようですね。

調べてみると、泉北ライナーには、「特急りんかん」の車両そのまま使っているようです。1編成しかないので、路線は違うのですが南海本線の「プレミアム・サザン」をリニューアルして使う予定があるようですね。

【まとめ】もともと乗車時間がそれほど長くないので、今後たくさん利用されるのがは未知数

うえせいイラスト
私うえせい(@charin_co)は、泉北ニュータウンの中では、一番大阪市内に近い「泉ヶ丘」ここからだと、通常いままでだと早くて約30分程度でした。

そして、泉北ライナーにのると、その泉ヶ丘から、難波までが20分程度で到着します。
その差、約10分程度。

10分も惜しいと思っているか、疲れたから確実に座って帰りたいかという人しか利用しないでしょうね。

特急券は、510円しますので10分をその値段でもいいから買いたいといった時に使うと思います。

そう考えると、これ本当に必要なんでしょうかね。

では、また。テリマカシ。

こんな記事もいかがですか?

http://www.uesei.net/4070

sponsored link

lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。