以前の記事をワンクリックで複製できるWordPressプラグイン「Duplicate Post」の使い方

WordPressの「Duplicate-Post」

以前書いた記事と同じ構成でもう一度ブログを書きたい時など、その時のブログをコピーしてきて貼り付けた上で、それを下書きにしてブログを書き始めたりすることはあると思います。

そんな時に、ポチッとワンクリックすれば複製できていて、すでに編集画面になっているという便利なWordPressプラグイン「Duplicate Post」のご紹介です。

 

sponsored link

「Duplicate Post」とは?

duplicate_post投稿一覧
インストールして有効化しておくと、投稿一覧には上記のようなメニューが増えます。
このうち「複製」は、文字通り該当する記事を複製してくれます。
そして、「新規下書き」になると複製してくれた上で、編集画面を立ち上げてくれているという便利なものです。

 

「Duplicate Post」のインストール方法

このプラグインは、WordPress.orgの公式プラグインとして登録されているので、WordPressの管理画面のプラグイン>新規追加とすすんでもらって「Duplicate Post」と検索してインストールすれば、できてしまいます。

プラグインの詳しいインストール方法を知りたいかたは、「WordPressプラグインのインストール方法。これで欲しい機能か追加できる!」をご覧ください。

 

「Duplicate Post」の使い方

使い方と言ってもインストール、有効化をする。

  • 「複製」
  • 「新規下書き」

などを行って、そこから編集していくだけの単純なものですが、それがワンクリックで済むととっても便利なんですよね。

 

【まとめ】決まったテンプレートから書き始める時に使っています

うえせいイラスト
ちなみにうえせい(@charin_co)の場合は、「下書きのテンプレート」という名前で永久に下書きの記事があります。

それを複製した上で、書き始めると余計な手間が1つ省けるのでいつもそうしています。

その詳しい段取りなんかは、また別のブログで説明しますね。

ブログを書く時間がないとか、なかなか更新できないという方には、このようにブログを書くハードルを下げるようなプラグインを使うといいでしょうね。

では、また。テリマカシ。

 

こんな記事もどうですか?

 

WordPressプラグインの本

sponsored link

WordPressの「Duplicate-Post」
lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。