富裕層に群がるハイエナのようなビジネスなんてしたくない!

あひるちゃん

2015年11月3日働き方

私は、自分が提供するサービスや商品が、どのような人たちに必要とされるのかを考えて、適切なマーケティングを行うことが大切だと思うのです。
それなのに、もっと富裕層にターゲットを絞るべきだというアドバイスをする人がいるんですよね。

正直嫌気がさしています。

ちゃんとアタマを使って考えて欲しいものです。

 

付加価値を付けて高額で販売するなんて、誰でも思いつくこと

金塊

高額で販売することで、マーケティングを考える手間を省いているとしか考えられません。

過不足ないサービスや商品を適切な価格で販売するにあたり、どのような顧客層にどの程度販売するのか?

そして、その方法は?というように考えていかないといけないように思います。

それが、たまたま富裕層に受けるものの場合もあるでしょうけど、ワザワザ富裕層に絞るのはどうかと思うのです。

 

富裕層に群がるのは、富裕層ではない

そもそも、富裕層に絞ってビジネスを展開しようなんて考えている人たちが、同じく富裕層であるとは決して思えないのです。

実際、お金があるからそこを狙うなんていう考え方自体が、ビジネスのセオリーからしてズレていませんかね?

 

感謝される積み上げが、収入になる

ジャンプするサラリーマン

よく分からない余計な付加価値を付けるくらいなら、その分削って安くした方が、本当に必要とされている人に届く。

その結果、必要とされる人に提供できて、感謝されます。

それを積み上げいくことが大切だと、うえせいは考えています。

 

事実、スマホアプリなんて数百円

スマートフォンのアプリは、数百円で提供しているものがほとんどですよね。

でも、それを使って楽しい便利と思ってもらって、その数が多くなることによって、利益を上げています。

小さな感謝でも、たくさんあればいいし、そのほうが市場は明らかに大きいのです。

 

【まとめ】要するに自分の能力をもっと信用すべきです。

うえせいイラスト
収入を得ることに対して、なにも媚びる必要はないのです。

自分ができることを、適正な価格で提供することに対して喜んでくれるのですからね!

そこを無理に単価を上げるようなことをして、自分自身の価値を自分で下げるから、収入を得ることに対して抵抗が生まれるのですよ。
自分の能力に対してもっと自身を持ってください。

今は、個人でも世界中を相手に仕事することが、簡単にできる時代になっているのです。

前時代的にアドバイスに耳を貸す必要はありませんよ。

では、また。テリマカシ。

 

 
計画を立てるのが苦手でも、独立して食っていくカテゴリー

 

こんな本はいかが?

 

 

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

2015年11月3日働き方

Posted by 合同会社うえせいや 代表うえせい