シャアがブログを書いていたら、どうなるかやってみた(第一話)

シャアアズナブル

かなり年上の部下までいて言動が落ち着いているので年上に見られるのだが、実はまだ20歳の私シャア・アズナブルだ。

今日は、別の任務の帰りに連邦軍の最新の新鋭艦を、たまたま見つけたので着いてきてみたら、サイド7っていうヘンピなコロニーへ到着した。
恐らくココが連邦軍のモビルスーツ(ロボット型の兵器)の開発拠点だろうと踏んで、部下二人に偵察に行かせたのだ。

 

sponsored link

開発しているのか?もしそうならどんなものなのか偵察に行かせた

サイド7偵察

どうやら、連邦軍はモビルスーツの開発に成功しているという、うわさは本当だった。
それならば、早めに叩いておいた方がいいだろうとは思ったが、まさか部下が勝手に動くとは思わず。
おかげでザクを2機もやられてしまった。

 

やられたザク1機目

ザク1機やられた
これが原因でやられたのでは無いが、この後追いかけられてビームサーベルで切られたらしい。

 

やられたザク2機目

ザク2機やられた
1機だけでなく2機もやられてしまうとは。。。
しかも、2機目は見事コックピットだけやられてしまった。
おそらく、このザクは連邦軍によって分解され研究の対象になってしまうのだろう。

 

もっと、しっかりとデータ収集のみである旨を伝えておくべきだった

たかだか、後発組の連邦軍のモビルスーツ開発など知れていると思って、いい加減な指示になってしまっていたのだろう。
その結果部下が勝手な行動をしてしまった。

私も、少佐と言えどもまだ20歳だ。
失敗することもあるだろうが、今回の失敗は、かなり叱責をくらうだろう。

仕方がない。
ひとまず明日にでも、その連邦軍のモビルスーツを私が撃破しに行こう。

 

うえせいは、また思いつきで書いてしまったガンダムシリーズ第2段

うえせいイラスト

以前にも、この機動戦士ガンダムの第一話を主人公のアムロ目線で書いたのだが、今回は宿敵のシャアとして書いてみた。
なりきって書いたほうが面白いかと、背景を調べてみたら、なんとこの時の設定は20歳らしい。

どう見ても30歳くらいなのだが。。。

また、気が向いたら書いてみますが、もし続きが読みたいという奇特な方は、はてブなりでシェアをしてくれたら私うえせい(@charin_co)調子に乗って書くでしょう(笑)
 
【関連記事】
【思いつき】アムロがブログを書いていたら、どうなるかやってみた(第一話)

 

sponsored link

シャアアズナブル
lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。