関空からpeachの飛行機に乗って、関西を感じる3つのポイント

関空をハブにしているPeach航空には、本当によくお世話になっています。
私うえせい(@charin_co)、自宅が大阪府堺市南区という新幹線に乗るには非常に面倒な地域に住んでいるので、もっぱら移動は飛行機です。
しかも、近距離が多いので、電車感覚でPeachを使っています。

そして、そのピーチアビエーションは、本社も大阪府泉南郡田尻町(関空内)に置いていることもあり、かなり関西色をだしているようですね。

この前気付いた関西色ポイントをアップします。

 

sponsored link

1.関空の第2ターミナルにて

関空 美味しいで!ニッシュ
関空でも、第2ターミナルという現在はPeach専用(将来どうなるのかは知りませんが)のターミナルで、搭乗ゲート近くの売店には、こんなサンドイッチが売っています。

しかし、どうして関西の人ってこういうタイトルを付けたがるのでしょうね。

関西弁というよりも、このネーミングセンス自体が関西ノリです。

2.飛行機内にて

peachのトイレ
席や通路が狭いので、トイレを利用する人はそんなに多くはありません。

うえせいのばあい移動については、わりと前泊や帰宅というパターンが多いこともあり、既にお酒を飲んでいたり・・・で、トイレはよく利用します。

すると、トイレの中にこのような注意書きがあります。

ここも、わざわざ関西弁にしなくてもいいような気もするのですが、関西ノリだとこうなるのでしょうね。
大阪人のうえせいからすると、ホッとするポイントです。

 

3.降りるとき

飛行機なので、日本語と英語でアナウンスをします。
到着する空港のエリアの気温や天気を言ったり、その他の案内をするのですが、最後に

「ホンマ、おおきに!」

って言うのですよね。
大阪でも「おおきに」って言う人自体あまりいなくなっているので、違和感が無いわけではないですが、個人的に「おおきに」という言葉が好きで好感が持てます。

 

【まとめ】本当に、どっちでもいい話ですが、まとめておくと・・・

うえせいイラスト

まとめておいても、なんの為にもなりませんね。

とにかく、安いし便利に使わせてもらっているPeach。
将来は、空港の近くに住んで、Peachを初めとするLCCを使って、気ままにどこかへ行けるようなライフスタイルにしていきたいな。
なんて思っています。

では、また。テリマカシ。

 

こんな記事もどうですか?

http://www.uesei.net/3443

http://www.uesei.net/1630

http://www.uesei.net/913

sponsored link

lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。