起業の動機は、ワクワク感!それだけでいい。とってつけた理念のような理由は必要ない。

ワクワク感で起業

2015年10月17日働き方

起業に必要な動機って、何か特別なものは必要ないと思います。

「◯◯のために・・・」

とか、本当に困っている人たちを見て、助けてあげる方法を思いついて起業をする方もいらっしゃいますが、その多くは取ってつけたようなもの。
何か違和感があると思っています。

 

自分の思っている理由をストレートに言うことが何がいけないの?

ワクワク感で起業
「カッコイイから」
「楽しそうだから」

なんだか分からないけど、ワクワクするっていう理由だけでいいんじゃないですかね。
そこに「日本の◯◯の発展に寄与して・・・」みたいな理由をつけても、違和感があるだけなのです。

もし、そんなものがどうしても必要だと感じるならば、ワクワクするような気持ちが足りていない。
儲かりそうだから、みたいな理由が先行していないか考えてみる必要がある。
不純な理由でスタートしたものは、絶対に長続きしないからです。

 

成果を上げる人は、必ず自分のビジネスが好き

ガラス マーケティング
とても忙しくしていて、よくそんなに仕事していて大丈夫か、なんて見える人ほど、自分のビジネスを好きであることが多い。
だから、長時間仕事していたり、四六時中ビジネスのことを考えていても、苦労ではないのです。

そう、ワクワクしているのです。

無理やり取ってつけたような理念を最初から掲げているということは、こんなワクワク感がないから、その代わりの理由が必要になります。

ワクワクするか?
好きなのか?

そんな理由を再優先させることこそが、起業を成功させる原動力になっていくと思います。

 

【まとめ】かっこつける必要はありません。

うえせいイラスト
カッコイイ生き方をしている人は、総じて
「好きなことをしているだけ」
とか
「カッコイイと思うことをしているだけ」
とか、そのようなことをいいます。

決して、世のため人のためのようなことをいいません。
おそらく、本当に人の為に生きていると思えるような人でも、ワクワクしているのだと思います。

好きでやっているのです。

自分の「ワクワク」。
起業には、それが最優先なのです。

では、また。テリマカシ。

 

▼当ブログのカテゴリーは、こちら
計画を立てるのが苦手でも、独立して食っていくシリーズ

 

こんな本はいかが?

 

 

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

2015年10月17日働き方

Posted by 合同会社うえせいや 代表うえせい