うえせいWP.net

WordPressのホームページ制作とWEB活用コンサルティング【大阪府】

書評

「脱東京 仕事と遊びの垣根をなくす、あたらしい移住」から、自分の将来を考えてみた

本田直之さんの著書「脱東京 仕事と遊びの垣根をなくす、あたらしい移住」を読んで、うえせい(@charin_co)なりの将来を考えてみました。

 

 

sponsored link

なぜ、いま地域移住がトレンドなのか?

本田直之著 脱東京

近年、東京から他の地域のに移住する人が増えてきたように実感します。

都会での生活に疲れてしまったという後ろ向きなイメージではなく、もっと前向きな理由で移住する人が増えてきたのですが、彼らは東京でそれなりの仕事をしていて、結果も出しています。
ビジネスの第一線でバリバリ活躍していた人たちが、自分のライフスタイルを実現するために移住し始めたのです。

その大きな理由として、ここ数年のテクノロジーの劇的な進化が挙げられるでしょう。
ハイスピードなインターネット環境、iPhoneのようなスマートフォン、スカイプやGoogleハングアウトなどのくコミュニケーションツール・・・。

また、インターネットのお陰で、距離を気にせずそれほどコストをかけずにビジネスが出来る時代になりました。
たとえ少人数であっても、ある程度の企業レベルでリソースを持つこともできますし、業務をアウトソーシングすることもできます。
大きな投資も大きな組織も必要としなくなったのです。

個人の力が強くなったのもあるでしょう。
SNSなどのソーシャルメディアを利用すれば、個人で情報を発信することができます。

さらに、LCCの台頭による移動コストの削減もあり、どこにいても仕事が出来る環境が整ってきたのです。

つまり、テクノロジーの進化は、生活スタイルにも大きな影響を与え、「新しい移住」という動きが出てきたのです。
「脱東京 仕事と遊びの垣根をなくす、あたらしい移住」より

 

うえせいも、将来を考えてみた

うえせいライトニングトーク

もともと、こうしたいなあ・・
というのがあったのですが、実際にいろんなケースが紹介されていて、その気にさせてくれます。
いや、実際可能なんでしょうね。

本に紹介されている方にできて、自分にできないなんてことはないでしょうし、今うえせいのSNSのタイムラインにはそのように暮らしている方の投稿を、よく目にするようになりました。

 

そもそも、うえせいは「東京」にいないので、このままでもいい

堺 大浜 灯台
うえせいは、大阪府でも堺市という、歴史はあるけどもそれほど都会ではない、という場所に住んでいます。

地域との繋がりも、多分東京にいるよりもずっとあって、市役所の会議に出たりしたとこともありました。

ただ、海も山も好きなんですよね。
そして、都会も好きなんですよね。

ただの、ワガママかもしれませんが、そのワガママができる時代になってきた気がします。

既に、フリーランスですから出勤する必要はありませんし、かなりの事はインターネットを介しできる。
こんな環境になってきたのに、今までの常識に囚われた働き方しかしないなんて、勿体ないと思います。

 

複数拠点どころか拠点は持たなくてもいい

ノマドワーカー
今回、ご紹介した本の中には東京とそれ以外の地域での複数拠点を持って仕事をしている方のご紹介ですが、

そもそも、、、

拠点を持たないという選択肢があると思ってもいいと思っています。

もちろんその時々で、メインとなる場所があるのでしょうけど、その期間か終わると拠点を変える。
そんなスタイルもありだと思えるようになってきたし、うえせいには合っているように思います。

もちろん、本の中でもあったようにLCCを活用して、お世話になっているクライアント様には、従来通りのサービスを継続させることは出来るでしょう。

そのためには、空港の近くというのがキーになるようですね。

こうやって考えていくと、私うえせいの将来の仕事とライフスタイルが見えてくるような気がします。

  • 拠点は複数ではなく、都度変える
  • 都度の拠点は、空港の近く
  • フットワーク軽く、どこへでも行って、仕事をする
  • 場所にとられない仕事を増やしていく
  • 引きこもって、自分のペースで出来る仕事をメインに据える

 

【まとめ】自分の人生のことは、自分で決める

うえせいイラスト

このようなブログを書いているとよく訊かれることは

A さん

将来のことは考えているの?

ということです。

うえせい

はい!考えていません(^_^;)

やりたいことは、たくさんあるけれど、老後の準備までは考えていません。
もちろん、最低限支払うべきものは、お支払いしているので、全くなにもしていない訳ではありませんよ。

ですが、この先20〜30年後

うえせいが老後を迎える頃になって、今しきりに言われているような常識が通用するのかすら、私には分かりません。

だったら、その時になって困ったら考える。

まだ、起こっていない将来の為に今のこの瞬間の人生で、何かを制限することはしたくないのです。

だって、いま一生懸命生きた積み重ねが将来の自分を作るのでしょ?
だったら、その制限の延長線上にあるのですよ。

うえせいは、微妙だと考えています。

誰しも、こんな考え方を推奨するのではありませんが、問題は起こってから考える。
そして、いま出来ることを一生懸命楽しむ。
そんな人生でいいんじゃないですかね。

では、また。テリマカシ。

「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

うえせいのお知らせやメッセージを受け取ったり、ブログ相談会の募集告知を受け取ったりしたい方は、ううえせいやのLINE@を友だち追加してくださいね!
「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

sponsored link

合同会社うえせいやについて

合同会社うえせいやについて
「合同会社うえせいや」では、リーズナブルで柔軟性の高い月額管理費が0円の、自分で更新できるホームページの制作を承っております。
最終的に納品の際には、使い方のご指導をさせて頂くとともに、以降のサボート費用を質問の回答に限り、永年0円としておりましす。
ですので、以降の更新はご自身で、しかもスマホからも可能です。

お申込み、お問合せは無料です。
お気軽に、以下よりご連絡ください。

こんな記事も書いています

コメントを入れて頂くと嬉しいです。

*