堺市中区の「MONIQUE CAFE」さんは、カラダに優しい安心食材のオシャレCAFE

MONIQUE CAFE_インテリア

2015年9月25日堺市情報

安心な国産の有機野菜やオーガニックの食材を使ったお料理、天然酵母パンやお料理、スイーツを頂ける!
そして、白を基調としたとってもオシャレな内装のカフェを、我が家の近所で発見しました。

というか、以前から知っていたのですが、なんとなくタイミングを逃していたカフェにやっと行くことができました。

 

sponsored link

「MONIQUE CAFE」さんは、おいしくて、安心なものを提供してくれるカフェです

MONIQUE CAFE_インテリア

甘味

お菓子の甘味に、白く精製されたお砂糖は使いません。主に国産のてんさい糖や米あめ・有機メープルシロップ・はちみつなど、体にゆっくり吸収されるものを使っています。
 

モニークカフェでは、バターは使いません。化学溶剤を使わず圧搾法で作られた、非遺伝子組み換えのなたね油や有機EXバージンオリーブ油を使っています。
 

安全で良質な餌を食べ、開放的な環境で育った健康な国産鶏のさくら卵を使っています。
 

野菜

できるだけ、近郊で育てられた旬の有機野菜又は無農薬野菜を使います。
 

その他

全粒粉や無農薬玄米、100%ストレートジュースなど、国産の美味しいものを選びました。
スパイスからお野菜に至るまで、できる限り有機栽培(オーガニック)又は無農薬で育てられたものを、使用しています。また、化学調味料や保存料、動物性原料を含むものはなるべく使いません。

「MONIQUE CAFE」さんサイトのコンセプトより

うえせい、以前から食事に関しては気を使う方でしたが、自身がファスティングマイスターの資格を取得して、いかに「食」が大切かを学んでからは、ほとんどジャンキーなものを食べなくなりました。

上記に書いてあるようなことは、いつもパーフェクトに実践はできていないにしても、意識はしていることばかり・・・

とってもうれしくなりました。

 

今回は、「ひよこ豆のカレー」を頂きました

MONIQUE CAFE_ひよこ豆のカレー
肉や魚といった、動物性たんばく質が使われていませんが、ボリューム感がないということは、全く感じませんでした。

ひよこ豆がタップリ入っていてとても食べごたえはあるし、玄米が使われていることもあり、食事をした後も夕食までお腹がすくなてことはありませんでしたよ。

 
MONIQUE CAFE_サラダ
最初にでてきた、サラダも有機野菜を使ったもので、野菜自体の味かとても美味しく感じられました。

 
有機玄米コーヒー
食後のコーヒーは「有機玄米コーヒー」です。
はじめて頂いたのですが、通常のコーヒーよりは苦味がなく、とても素朴な味でブラックで飲むのですが、とても美味しかったです。

 

その他、店舗のこと

MONIQUE CAFE_外観
▲外観は、こんな感じ。

 
MONIQUE CAFE_駐車場
▲駐車場は2台分確保されています。

 
MONIQUE CAFE_2
店内の壁が黒板になっていて、メニューが書かれていたりで、かなりオシャレでした。

 

【まとめ】オシャレな店内で、安心の食材を使ったお料理を頂ける・・・ヘビロテ決定です

うえせいイラスト
安心して外食できるお店となると、以外に少ないもので、ファスティングなんかをしていると「食品添加物を摂れない日」が数日あります。
そんな時に外食となると、非常に困ることが多いですが、このよなカフェがあることを知っているととても助かります。
安心食材を使っているだけでなく、料理は美味しくて、その上オシャレ。

これから、ちょくちょく通わせてもらうこと決定ですね!

では、また。テリマカシ。

【店舗情報】
住所:〒599-8253 堺市中区深阪2367メルクマール深阪103
電話:072-206-2723
営業時間:7:00~18:00 水曜日定休
ホームページ:http://www.monique-cafe.com/

 

「MONIQUE CAFE」も載っている、堺市の美味しいお店の載っている本

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ