うえせいWP.net

WordPressのホームページ制作とWEB活用コンサルティング【大阪府】

うえせいのコラム

映画「TIME」を見て、今日という日をいかに大事に生きないといけないのかを考えた件

ストーリーは、近未来に人類は遺伝子操作で25歳から年を取らなくなることが可能になった結果、人口が爆発的に増えるのを防ぐ為に、時間=通貨にして25歳になった時点で、自分の寿命をやりとりして、生活するようになった世界の話です。

この映画は、自分が持っている時間=寿命なので、常にいつ寿命が切れるかとハラハラと付き合いながら見ることになるのですが、それについてどう感じるかで、捉え方が大きく変わります。

 

sponsored link

金持ちは、寿命をドンドン伸ばしていくが、怠惰になっていく

これは、映画を見ていない人にも容易に想像できることですが、時間が延々とあってそれがイコールお金だったとしたら・・・
なにか新しいことをしようという意欲が湧くだろうか。

今日、なんだったら今年やらないでも、時間が永遠に近いくらいの単位があって、歳もとらないのです。
私ならば、延々と「そのうち」案件が増えるでしょうね。

 

「1日あれば、十分」と言い切った主人公に惚れた

主人公は、日払いで時間をもらいながらその日その日をいきていたが、あるキッカケで大量の時間をもらい、真実を知ることになった。

ソレによって、自分たちの時間を奪って独占している人達から、逆に時間を奪うという行為にでる。

ただ、その時間を独占することなく、自分と同じように日払いで日々少しずつ生きながらえている人達に、時間を配るのです。

自分は少し余裕をもっておいてもいいようなきがするのですが、自分の時間も1日くらいしかなく。

「1日あれば、十分」といって、持とうとしないのです。

明日があると思うと今日という日を、全力で生きられないと思っているのでしょうね。

 

10年という寿命を与えた友人は、酒に溺れて死んでしまった

酔っぱらい

主人公が、時間をたくさんもらってすぐにとった行動は、親友に多くの時間を分け与えたことです。
良かれと思ってしたことですが、彼は浴びるほどお酒を飲んでしまって、亡くなってしまうのです。

時間がたくさんあると感じることは、ある意味非常に危険なことなのかも知れません。

今からの寿命が、「こんなにある」と思うか「これだけしか無い」と思うかで、大きく変わります。
あなたは、どっちですか?

 

【まとめ】今日で最後だと思って、日々を積み重ねることだけが、良い未来を作って行くのです

うえせいイラスト

以下は、スティーブ・ジョブズがスタンフォード大で卒業生に向かって行ったスピーチで、未だに名言集なんかにもよくとりあげられる言葉です。

私は17の時、こんなような言葉をどこかで読みました。確かこうです。

「来る日も来る日もこれが人生最後の日と思って生きるとしよう。そうすればいずれ必ず、間違いなくその通りになる日がくるだろう」。それは私にとって強烈な印象を与える言葉でした。そしてそれから現在に至るまで33年間、私は毎朝鏡を見て自分にこう問い掛けるのを日課としてきました。「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」。それに対する答えが“NO”の日が幾日も続くと、そろそろ何かを変える必要があるなと、そう悟るわけです。

自分が死と隣り合わせにあることを忘れずに思うこと。これは私がこれまで人生を左右する重大な選択を迫られた時には常に、決断を下す最も大きな手掛かりとなってくれました。何故なら、ありとあらゆる物事はほとんど全て…外部からの期待の全て、己のプライドの全て、屈辱や挫折に対する恐怖の全て…こういったものは我々が死んだ瞬間に全て、きれいサッパリ消え去っていく以外ないものだからです。そして後に残されるのは本当に大事なことだけ。自分もいつかは死ぬ。そのことを思い起こせば自分が何か失ってしまうんじゃないかという思考の落とし穴は回避できるし、これは私の知る限り最善の防御策です。

君たちはもう素っ裸なんです。自分の心の赴くまま生きてならない理由など、何一つない。

そして、この映画の主人公は毎日が、言葉だけでなく「今日が最後」という状態で生きているのです。

明日は、やってこないのに今日の予定をこなすことだけを行いますか?
答えはNOですよね。

だが確実に言えるのは、一生懸命生きた今日の結果が明日の時間へと繋がっいるということ。

  • 明日や明後日、もっと先のことを心配して、そんなことの為に今の時間を使っていませんか?
  • 自分だけではなく、子どもがいるなら、いつもさせていることを今日もさせますか?

いい機会ですので、よく考えてみましょう。

では、テリマカシ。

「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

うえせいのお知らせやメッセージを受け取ったり、ブログ相談会の募集告知を受け取ったりしたい方は、ううえせいやのLINE@を友だち追加してくださいね!
「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

sponsored link

合同会社うえせいやについて

合同会社うえせいやについて
「合同会社うえせいや」では、リーズナブルで柔軟性の高い月額管理費が0円の、自分で更新できるホームページの制作を承っております。
最終的に納品の際には、使い方のご指導をさせて頂くとともに、以降のサボート費用を質問の回答に限り、永年0円としておりましす。
ですので、以降の更新はご自身で、しかもスマホからも可能です。

お申込み、お問合せは無料です。
お気軽に、以下よりご連絡ください。

こんな記事も書いています

コメントを入れて頂くと嬉しいです。

*