Apple Wirelessや東プレなどを試すも慣れない。迷走してきた感があるので現状報告。

Real_Force_applewireresskeyboard比較

2015年9月6日ブログ

仕事でメインで使っているのはMacMiniでキーボード選びにものすごく迷走しています。

外出時にはMacBookProを使っています。
同じキータッチがいいかと、純正「Apple Wireless keyboard」を使うも、どうも上手くマッチしている感じがしないのです。
その状況と結局どうしたかをレビューしますね。

 

sponsored link

外出時などは、通常MacBookProをつかっている

マックブックプロ

MacBookのキーボードは、よく考えているようでキーの押す圧力や、その他もさすが考えられています。
以前は、完全にメインに、そして今は、外出時にはMacBookProを使ってます。

キーボードについて、一度も不満に思ったことがありませんでした。

 

MacMiniを購入してからキーボードがどうしても気になるようになりました。

それまでは、ノマドワーカーでくらしていたのですが、作業場所が決まってきたこともあり、デスクトップ機を購入しました。
もちろんキーボードも迷わず感じかよく似ている「Apple Wireless keyboard」を購入しました。

ですが・・・

なにか違うのです。
多分、キーボード単体で利用する場合、MacBookProと違い軽すぎて、打ちにくいのかも知れません。

【関連記事】
http://www.uesei.net/551

http://www.uesei.net/869

 

数ヶ月使って、東プレ「Real Force」を使ってみて、『Apple Wireless keyboard』に戻した

Apple Wireless keyboard
恐らく、親指シフトへの移行とヘルニアでの入院も重なって、

  • ほとんどMacBookProを使うことになってしまっていたこと
  • 親指シフトへ完全移行のタイミングで、キーボードのタッチが変わるとやたらに、ミスタイピングが増えた

この2点で、「Real Force」をお蔵入りさせていました。

 

でも、やはり「Real Force」のタイピングの感じがよくて復活

東プレ realforce91U
いやいや、ここまでくると

「どっちやねんっ!」

という感じで、完全「キーボード難民」と化してます。
でも、とりあえずもう一度復活させて、合わないようであれば、なにか作戦を考えよう。

 

【まとめ】うだうだと書きましたが、多くの人がキーボードに執着しないのかが不思議になってきました

うえせいイラスト

以前システムエンジニアとして仕事をしていたにも関わらず、フリーとして独立するまではキーボードなんて何でもいい派でした。

おそらく、ブログを書く時間であったり、キーボードに触れる時間かかなり増えたのでしょう。
すごく、いろんなことが気になるようになりました。

キーボードというのは、PCと人間が直接触れる部分です。
この部分のタッチが変わるということは、かなり重要なことだと思います。

これから、グダグタとキーボードがどうの・・・というブログ記事を書くと思いますが、お付き合いをくださいね!

では、また。テリマカシ。

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ