AddQuicktag 予めよく使うHTML雛形を登録しておくと、記事作成が楽になるWordPressプラグイン

Wordpsessでブログを書くときに、よく使うタグ(文字の装飾とか、決まったリンクタグなど)を予め登録しておくことで、文字変換と同じように呼び出せるプラグイン「Add quick tag」の設定方法と使い方のご紹介をします。

Add quick tag

sponsored link

なんで、このプラグインを使っているの?

  • 毎回同じタグを入力する手前が省ける
  • 長いタグを打たなくてもよくなる
  • テキストエディタだけでなく、ビジュアルエディタでも使うことができる
  • 設定データの引越も可能らしい

そのほかにもあるんですが、だいたいこんな感じです。

Addquicktagの使い方

このプラグインの操作自体はすごく簡単なのですが、念のために使い方を解説しておきます。

ビジュアルエディタの場合

ビジュアルエディタでは、あらかじめメニューは2段になっているかを確認して、なっていない場合は、2段表示のアイコンを押して2段に表示にしておいてください。

その上で、quicktagの部分をクリックすると、あらかじめ登録してあるタグが表示されています。

addquicktagの使い方
 
▼文字装飾や見出しの場合は、予め該当する文字や文章を選んでおいて、使いたいタグを選ぶだけです。
addquicktagの使い方

 

テキストエディタの場合

addquicktagの設定
テキストエディタの場合はもっと簡単です。

予め該当する文字や文章を選んでおくまでは同じですが、予め登録してあるタグはラベル名でボタンになっているので、それを押すだけです。

Addquicktagインストール方法

管理画面の「プラグイン」から、新規追加を選び「add quick tag」を検索して、出てきたものをインストールすればOKです。

【関連記事】
http://www.uesei.net/1449

 

Addquicktag設定方法

addquicktag設定方法
  • ラベル名:ビジュアルエディタ・テキストエディタに表示する自分で分かりやすい任意の名前を付ける
  • 開始タグ:たとえば「<h2>テキスト</h2>」の様な場合は、「<h2>」がそれに当たります。単体でOKなものはこの開始タグだけでOKです。
  • 終了タグ:前述の「h2タグ」でいうと、「</h2>」が終了タグです。無い場合もあります。

 
表示させたい箇所にチェックを入れて、変更を保存すれば完了です。

【まとめ】うえせいは、これを使わないとブログ記事を書けません

うえせいイラスト
私うえせいは、TwitterのURLだっりメールアドレスだったりいろんなものを、このAdd quicktagに登録してあります。
なので、記事を書くときにタグを入力することは、ほとんどありません。

どこかに保存してあるものをコピペして使っている方もいらっしゃいます。
ここに登録しておいて、呼び出す方が圧倒的に楽ですよ。

ブログは、書くこと以外のことは極力自動化して労力を減らすことが、継続する秘訣でもあります。

そういう意味で、このプラグイン。
おすすめです。

では、また。テリマカシ。

 

sponsored link

lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。