うえせいWP.net

WordPressのホームページ制作とWEB活用コンサルティング【大阪府】

SNS

簡単なので、Facebookからミャンマーの洪水被害対し募金をしました。

スマートフォンから、Facebookを開くと「ミャンマーの洪水被害」への寄付を呼びかける表示がされるようになっています。

どのようにするのかをやってみました。

とっても簡単なので、この機会に募金してください。

ミャンマー寄付詳細

 

sponsored link

ミャンマーの洪水被害の現状は?

【2015年8月12日 ヤンゴン/ジュネーブ発】
最新の政府の発表によると、ミャンマーでの洪水による被災者数は約100万人に達し、そのうち34万人近くが子どもであるとみられています。被災地では、水がひいて自宅に戻り始める被災者がいる一方で、新たに被害に遭う住民もいるため、被害の範囲や被災人口は刻々と変化しています。

被害が大きかった地域のうち、チン州とラカイン州は、ミャンマーの中で最も貧しい地域です。チン州は住民の70%が、ラカイン州では50%が、1日2米ドル以下の貧しい暮らしをしています。

特に2012年の民族衝突によって国内避難民となった人々が暮らすラカイン州の避難民キャンプでは、何百ものシェルターが壊れ、子どもたちのために設置されていた“子どもにやさしい空間”も被害を受けました。キャンプ以外の村落部も、道路が遮断されたことで支援物資を届けることが難しく、子どもたちが厳しい状況に置かれています。ラカイン州の約500の学校が被災したほか、多くの農作物も被害を受け、生活を立て直すための支援も急がれています。
日本ユニセフ協会より

と、かなり深刻で、もともと裕福な国ではありませんので、被害も大きくなりがちですし、復旧もなかなか進まない様子。

 

少しでも・・・と思い募金しました

そんな風に思っていても、なんだかFacebookに表紙されているのに便乗して寄付するのも抵抗ある方も多いかと。

ということで、うえせい(@charin_co)が人柱になってみました。

 

寄付への手順

まずは、この画面が表示されることがあると思いますので、その時に「募金する」ボタンをタップします。
ミャンマー募金

 
どうやら、アプリからだと出来ないらしく、ブラウザ版へと遷移してしまいます。
ミャンマー募金

 
募金金額を決めてください。
どうやら、この金額に応じて、Facebookも上乗せして募金するらしいのです。
Facebookもいいコトしますね。
ミャンマー募金 金額
カード払いになりますので、ご自身のカードを登録してください。
ここに抵抗の有る方もいらっしゃるかと思いますが、うえせいはいろんなところで、Facebookに支払いをしたことがありますが、特に今までトラブルになったことはありませんよ。

 
支払い手続きが終わると、どちらでもいいですが、自分のタイムラインに「募金したこと」をシェアできます。
どうしようかと思いましたが、少しでもそういう企画があるということを知ってもらおうという思いで、うえせいはシェアしました。

決して、「募金したこと」を自慢している訳ではありませんので。

 

【まとめ】募金や寄付は無理のない範囲でどんどんすべきだと思っています

うえせいイラスト
日本とアメリカの大学生に、学生の間になんらかの募金をしたことがあるかという質問に対し、アメリカの方は相当数「ある」と回答したらしいのですが、日本の場合はごく僅かだそうです。

和を重んじる日本人ですが、ことお金に関しては極力出さずに多くを得ようと考える節があるようです。

お金は、じっとしていないものなので、出さないと入って来ません。

誰かがどこかでよろこんでくれる所にお金を出すことで、その喜び分帰ってくると思います。

自分の為だと思って、今回募金をしてみてもいいと思いますよ!

では、また。テリマカシ。

 、

「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

うえせいのお知らせやメッセージを受け取ったり、ブログ相談会の募集告知を受け取ったりしたい方は、ううえせいやのLINE@を友だち追加してくださいね!
「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

sponsored link

合同会社うえせいやについて

合同会社うえせいやについて
「合同会社うえせいや」では、リーズナブルで柔軟性の高い月額管理費が0円の、自分で更新できるホームページの制作を承っております。
最終的に納品の際には、使い方のご指導をさせて頂くとともに、以降のサボート費用を質問の回答に限り、永年0円としておりましす。
ですので、以降の更新はご自身で、しかもスマホからも可能です。

お申込み、お問合せは無料です。
お気軽に、以下よりご連絡ください。

こんな記事も書いています

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Knegwodle wants to be free, just like these articles!

コメントを入れて頂くと嬉しいです。

*