今さらですが、iPadでATOKのフリック入力を使うとハンパなく快適に使える件

2015年8月6日デジタル・ガジェット, ブログ

iPhoneだと、ずっとフリック入力なんですが、iPadになるとQWERTYなんて方も多いのでは?
設定が分かりにくかったり、小さすぎて操作しにくい事が理由でしょう。

それが、ATOKをインストールすることによってかなり快適になるので、今さらながらシェアです。

sponsored link

ボタンがかなり大きくなってカスタマイズも可能

iPadでATOKを使う 右手

うえせいは、女子高生なみにフリック入力が速いし、左右どちらでも入力できるのですが、どちらかというと、右手のほうが速いので右に寄せていますが、左側に寄せることも可能です。

 
▼ATOKの設定画面
ATOK設定画面
ここで、自分に合わせてカスタマイズができるので、私はよりフリック専用にカスタマイズしています。

 

【まとめ】とにかく、使いやすいのですが、いまさらの理由は「親指シフト」

うえせいイラスト

とにかく、インストールするとiPadでのフリック入力が格段に入力しやすいです。

ところで、なぜ今さら、しかもiPadでフリック入力を取り上げるのかということなんですが、それは私うえせい(@charin_co)が、「親指シフト」という日本語入力を行い始めた結果、ローマ字入力のスピードが格段に遅くなってしまい、iPhone、iPadでは、そこそこ速いフリック入力専門になろうと考えたからなんです。

結果としては、良かったですね。

うえせいは日本語を入力するに当たって、フリック入力は凄く理にかなっていると思うのです。
しかも、キーの数はとても少ないし、1文字に対して打鍵する数も少ないというすぐれもの。

ただ、iPhoneはいいにしても、iPad標準のフリック入力は小さすぎるのか、操作しづらくて使えません。
それを、ATOK導入によりいっきに解決!

フリック入力派は、ぜひ試してみてください。

では、また。テリマカシ。

【親指シフト関連記事】
ものくろさんの「親指シフト道場」に参加してみたら、練習する気になった

身体に優しい日本語のタイピング。私うえせい「親指シフト」の練習中

親指シフト苦戦中!完全移行はまだ少し早かったか?

 

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加