うえせいWP.net

WordPressのホームページ制作とWEB活用コンサルティング【大阪府】

書評

クリス・ギレボー著 本田直之訳「自分再起動 自由度の高い人生を生み出す究極の方法」【書評】

「自分のやりたい事は現実的かどうか?」という風に考えてしまうなら、それは既にものさしが古いのです。
もう、好きな事をやったもの勝ちの世の中になっているんですよ。

今回紹介する本は、今までの「自分のやりたいコトを実現する」「夢を叶える」だけにとどまらす「クエスト(冒険)」という概念を提唱して、それを追うことで自己実現が出来ていくというものです。

とても、ワクワクする内容です。

 

sponsored link

自分のクエストを設定する

 遊びと仕事の垣根
クエストとは、ダイエットとかローンを完済するといったことではありません。
それはそれで、凄く価値のあることではあるのですが、自分の好奇心はそこには存在しないでしょう。

そもそもワクワクしないし。

もっとスケールが大きく、他人にどう思われようと自分自身の好奇心を満たすものである必要があるのだと思います。

 

不満+大きなアイデア=自分を変えるクエスト

冒険
今の生活に不満があるなら、それは大きな変化を起こすいいタイミング。
ただ、多くの人は不満があっても変化を起こすこともなければ、ましてやクエストを実行する人はほとんどいません。

あなたの中のくすぶっている火を燃え上がらせる為には、誰もやろうと思わないくらいスケールの大きいことで、不満を解消するアイデアを考える必要があります。

その計算式が

不満+大きなアイデア=自分を変えるクエスト

です。

 

あなただけは、夢は叶うと信じて、とにかく実行しよう

自分を信じる

大きなクエストと言うのは、いろんな困難や障壁があるものです。

  • 家族
  • 恋人
  • 友人
  • 仕事
  • お金
  • 時間

などなど・・・

でも、あなただけは自身のクエストは、必ず成功すると信じて実行しないと何も始まりません。

 

この本では、さまざまなクエストが紹介されています

  • 世界最年少で世界一周航海
  • アメリカを歩いて横断
  • 全世界の全部の国を訪れる
  • 300回マラソン大会に出場

など

ここまで、アクティブなものでなくても、

全世界の料理を自宅の食卓に上げる

といった自宅でのクエストも紹介されている。

 

クエストで生きていくためのたった一つの必須条件

インターネット
有名になりたいとか、お金儲けをしたいとかだはなく純粋に「自分の情熱」にしたがって、「独自のストーリー」を作るのです。
それが、仕事に変わっていく可能性をもっているのですが、それにはたった1つ。

ブログやSNSなど、インターネットでそのクエストを公開していく必要があるのです。
そうしていくことで、支援者やサボーターが現れたり、出版につながったりするのです。

 

【まとめ】視野を広げ、環境を変えてみると、面白い人生を送っている人は沢山います

うえせいイラスト

現実的でないとか、そんなモノサシでしか世の中を見ていないのなら、この本はもしかしたら絵空事にしか聞こえないかも知れません。
ただ、少し視野を広げ、違う環境にいる人達と接してみてください。

こんなことで?と思えることでお金をもらっていて、自由に生きている人たちが相当数いることにビックリするでしょう。

かくいう私も2年以上前に、ある事情があって独立しました。
あてのない独立でしたが、パソコンをイジっているのが好きで、ブログ書くのが好きということだけで、いま仕事として成り立っています。

まだまだクエストというには、ほど遠く、やりたいコトは沢山あります。
今年て45歳で、人生はもうとっくに折り返しています。

このままやらないまま死んでいくわけには、いきません。

そろそろ、私も自分のクエストに取り掛かりますよ!!

では、また。テリマカシ。

 

 

「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

うえせいのお知らせやメッセージを受け取ったり、ブログ相談会の募集告知を受け取ったりしたい方は、ううえせいやのLINE@を友だち追加してくださいね!
「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

sponsored link

合同会社うえせいやについて

合同会社うえせいやについて
「合同会社うえせいや」では、リーズナブルで柔軟性の高い月額管理費が0円の、自分で更新できるホームページの制作を承っております。
最終的に納品の際には、使い方のご指導をさせて頂くとともに、以降のサボート費用を質問の回答に限り、永年0円としておりましす。
ですので、以降の更新はご自身で、しかもスマホからも可能です。

お申込み、お問合せは無料です。
お気軽に、以下よりご連絡ください。

こんな記事も書いています

コメントを入れて頂くと嬉しいです。

*