好感度アップ!最小限のお金と労力でファッションセンスを上げる法則

2015年7月29日書評

ファッションというのは、自分が着たいものを着るというのは、もったいない考え方。
どうせ鏡を見ないと分からないのですから、いっその事自分以外の人に焦点を当ててみるといいと思います。

そう考えると、最小限のお金と労力しかかけたくないと、そう思うハズ。
少なくとも、私うえせい@charin_co)は、そうなのです。

そんな人の為に、最適な本をご紹介します。

sponsored link

まずは、服の断捨離からスタート

だいたい、7パターンあれば1週間は確実に過ごせるのです。
そう考えると、ほとんど着てない服がクローゼットの中にあふれかえってませんか?
まずは、それを断捨離する事からスタートしましょう。

▼以下に該当する場合は、思いきって断捨離しましょう

  • シンプルじゃない
  • サイズが合ってない
  • 使いにくい柄モノ
  • まる一年以上着ていない

アイテム選びの基本

断捨離が済んで、着るものがないというところからスタートしましょう。
以下で、基本をご紹介しますが、どれもサイズがジャストサイズか、少し小さいとおもえるくらいである事と、シンプルな色や形である、という事が前提です。

できれば服選びにお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則

ジャケットやアウターには、しっかり投資する

ジャケットというのは、シンプルなモノであれば、カジュアルな服に羽織れば、キチンとした食事の場でも対応できるし、もちろんビジネスでもオッケーです。
守備範囲が広いので、多少投資をしたところで、もったいなくありません。

まずは、ネイビー、そしてグレーといった色のモノを選びましょう。

同時にアウターも、しっかりとした定番モノに投資をすれば2着もあれば、数年間は着る事が出来るでしょう。

シャツは、凝ったデザインは禁物です

白いシャツ
最近は凝ったデザインのシャツが多く売られていますが、結局安っぽく見えるので避けておきましょう。
無地の白、カジュアルな時用のデニム、まずはこれだけでOKです。
シンプルであればあるほど、ごまかしがききませんので、それなりの品質のものを買い揃えることをオススメします。

パンツは、ジーンズとコットンパンツのみ

休日になると、いきなりだらしなって見える原因は、パンツに大きな原因があります。

ジーンズは、タイト目のもので、清潔感を考えるなら、あまり色落ちしていないワンウォッシュのものを選びましょう。
これ一つで、カジュアルもある程度キチンとした場でも対応可能です。

コットンパンツについても、腰回りや太もも周りのダブつかないタイト目なものを選んで下さい。

これだけあれば、他のアイテムが何であろうと、特に意識しなくても大丈夫になります。

【まとめ】要するにシンプルで上質なものに限定して、沢山買わないという事

うえせいイラスト

うえせい@charin_co)は、数年前から、フリーランスとなり、スーツで仕事をする機会が激減しました。

独立当初は、割と好きな服を着ていましたが、だんだんとここにあるようにシンプルなモノにシフトしていきました。
特に白いシャツを着ているだけで信頼度は大きく変わると実感しています。

そして、シンプルであればあるほど、質がモノをいいます。

ホントにここにあるように私の服の数は、とても少ないです。

でも、そのおかげで出かける時に悩むことはないですし、買い物に時間を取られることもありません。

特にスーツで仕事をされている方の休日用の服と考えると、もっと少なくてもいいでしょうね。

だらしないお父さんという印象を持たれたくないのであれば、目を通して損はない本です。

では、また。テリマカシ。

今回、読んでご紹介した本

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ