通知をスマートウォッチで表示はしたいが、iPhoneのロック画面を見せたくない時は、こうする!

スマートウォッチの通知について

2015年7月14日スマホ, ライフハック

AppleWatchをはじめとするスマートウォッチ(今回はiPhoneで解説)に、スマートフォンで表示される「通知」を表示させる機能はとても便利だけど、スマートフォンのロック画面にいろんの通知が表示されているのを、あまりみられたくない時に使うテクニックのご紹介です。

通知機能は凄く便利で、私うえせい(@charin_co)も、GARMINのライフログバンドに表示させています。
通知さえ確認できれば、ビジネスの場ではほぼカバンの中に入れっぱなしという状態でつかえますが、最近はスケジュールの確認などで出すことがありますよね。

そんな時に、プライベートな通知がたくさん並んでいるのを、ビジネス相手に見られるのも恥ずかしいので、隠したい時に使ってください。

 

iPhoneのロック画面に表示されてる通知を見えにくくする方法

スマートウォッチの通知について

 

そもそも、カバンから出さない

スマートウォッチがあるので、通知さえ見ることができれば、ほとんどの場合カバンから出す必要がありません。
だから、いっそのこと出さないでいれば問題は何もないのですが、そうすると今回のプログ記事は、全く意味をなさなくなるので、このアイデアはとっても微妙ですよね。

 

覗き見防止フィルムを貼る

確かに、そうなんですが、設定でなんとかしたいかな?

 

画面を暗くする設定をすればいいのです

▼iOSの場合は、「設定」→「画面表示と明るさ」で調整欄があるので、それを最小にしておけば、画面がかなり暗くなります。

iPhone 明るさの設定

 

 

▼自動調節は「OFF」にしておかないと、勝手に明るくなってしまいます。

自動調節は切っておく

 

▼これは、ロック画面ではありませんが、暗くするとこんな感じになります。

画面を意図的に暗くする
どうせ通知はスマートウォッチで確認するのですから、ほとんど見えなくても影響はないハズてすよね!
だから、画面を最大限に暗くしてしまえば、いいいのです。
そうすれば、かなり寄らないと見えませんからね。

 

▼キチンと見たい時や、また暗くしたい時などは、下からスワイプさせて「コントロールセンター」で調整できます。

20150713moji_mizuraku2

 

不安ならば、文字サイズも小さくする

前述の「画面表示と明るさ」で文字の大きさを変更できますので、小さくしてしまうと暗いのとの相乗効果がパッと見ではかなり見えづらくなりますよ。

 

【まとめ】あくまで見えにくくするテクなので

うえせいイラスト
完全に見せないようなテクニックではありません。
単純に画面を暗くして、文字を小さくする方法をまとめたものですが、そんなもんでいいのかなぁ、と思っています。

ビジネスの現場や電車の中などで、少しだけ覗き見防止くらいの感覚ならこんな感じかなぁって思っています。

では、また。テリマカシ。

 

うえせいは、コレで通知を受けています

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加