クリスマスシーズンにプレゼントをして神様貯金をしよう

プレゼント

2014年12月6日ライフハック

誰もが簡単に幸せを引き寄せられる方法として『神様貯金』と言うのがある。
その方法はとっても簡単で、「他人(ひと)が喜んでくれることをする」だけなのです。

と言っても、シャイな日本人は斜に構えてなかなかできなかったりするんですよね。
だから、私うえせい(@charin_co)クリスマスシーズンって、大好きなんです。

だって、誰もがプレゼントをするチャンスがあるわけでしょ。

 

sponsored link

本来提唱されている「神様貯金」とは?

ガネーシャ

飛鳥時代から連綿と続く霊能一族の末裔で、スピリチュアルカウンセラーの真印(まいん)さんが次のように話しています。

「誰かに言われたからするのではなく、自発的にすることが大事。そして、たとえ誰も見ていなくても、また誰かが見ていようとも、あなたではない誰かを喜ばすためにするんです。生まれ持った霊能力を使い“拝み屋”をしていた祖母が生前、教えてくれました。『誰も見ていなくても、神様がいつも見てるんよ』と。だから、神様貯金なんです」

神様貯金には、ちょっとした法則がある。今回、真印さんが教えてくれるのは神様貯金で“人間関係をよくしてくれる法則”だ。真印さんは「1日10分だけ、自分の時間を他人のために使いましょう」と話す。

「人間関係をうまく築けない人は、周囲の人のためにほんのちょっと、自分の時間を使いましょう。たとえば仕事場で毎日10分、就業時間外に同僚の机を拭いたり、炊事場を片付けたりしてみてください。きっと近い将来、周りの人たちはあなたの存在を大切に思ってくれます」

毎日、ほんの少しでいいから評価されようとされまいと、他人が喜んでくれることに時間と労力を使いましょう。
ということです。

 

恥ずかしくて出来なかったりするもんなんです

だったら、この時期に少しでも関わりのある人に、プレゼントをあげてはどうでしょう?
私は、結構クリスマスの時期にお会いするひとに、ちょっとしたものを用意していくことが多いです。
男性でも、女性でも関係ありません。

もともと、人間て他人が喜んでくれることをするときに、幸せを感じる生き物なんではないでしょうか?

だからかして、何買おうかなぁ?なんて考えているときが、一番楽しい。
別に高価なものでなくていいんです。ほんと数百円のものでも。

 

勿体ないと思う人ほどやるべきでしょう

プレゼント
さっき、大事なキーワードをいいましたよね?

「神様貯金」

貯金って利子がつくんです。
しかもこの貯金の利子は、めっちゃ利率が高いんです。
だから、自分でお金をもっておくより、誰かのプレゼントに使うほうが先々になって、すっごい大きなものになって帰ってくる。
そう思ってやっていたら楽しくないですか?
心のなかで「その内帰ってくるから、いってらっしゃい」みたいなヨコシマな気持ちでもいいと思いますよ。

そもそも、プレゼントするってこと自体が楽しいことですから。

うえせいは、どうなん?

うえせいイラスト
私は、このようなことを大富豪アニキの本から教わったのです。
他人のために時間と労力をボウボウ(アニキの風の表現)使うことを進めていました。

そして、その中で「神様貯金」って言葉があって、なんとなく調べてみると結構言われていることのようで、私なりに解釈して実行しています。

これ、間違いなく凄い効果です。
別にそんな大したことしなくてもいいし、自分が大きな負担なくできることや、プレゼントでいい。
そこから、仕事を頂けたり人脈ができたりしています。

仕事をして対価をもらうのは当然なんで、それ以外の部分で試してみるといいでしょう。

ひとまず、このクリスマスシーズンにちょっとしたプレゼントをしてみることからオススメします。

 

 

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ