身体に優しい日本語のタイピング。私うえせい「親指シフト」の練習中

WordPress macbookair

2015年6月13日ブログ, ライフハック

親指シフトとは、日本語の「かな」を入力するために、その昔ワープロ時代に富士通が考案したキー配列規格の一種。
「かな漢字変換」のためのかな入力手段として使用するものです。

そして、私うえせい(@charin_co)、ただいまその「親指シフト」を練習中です。

私うえせい、左手小指を骨折したことがあり動きが悪い

右手小指

よく見ると歪んていますよね。

骨折したのが連休前の金曜日の夜で、翌週火曜日まで放置していたのでこんなことになっています。
このせいかして、タイピング時に右手小指がすごく疲れるのです。

 

親指シフトのメリットは?

  • キーを打つ数が単純に半分近くになるので、楽になる
  • もともと日本語の為の配列なので、よく使うひらがながホームポジション近くにあるから楽
  • ローマ字への変換を頭のなかでしなくて済む
  • そして、多分右手小指に優しい

と、速く打てるというよりは、楽にできそうなイメージです。
デメリットといえば、他人のパソコンが使えないくらいですかね。

【まとめ】練習をスタートした「親指シフト」ですが

いまだにこんなもんです。

知人のものくろさん
ものくろぼっくす

に、教えて頂いて暫く経ちますが、もうアラフォーのうえせい(@charin_co)には、少し時間がかかりそうですね。

でも、確実に楽に出来そうな予感がしています。
毎日15分間練習していますが、まだそれで500文字程度です。
1,000文字くらいなれば、完全にスイッチしようかな、と思っています。

そんな親指シフトに興味の出た方は、上記ものくろさんまでお問合せを。。。

ではまた、テリマカシ。

 

プロ・ブロガー本が「Kindle版」だとセットで安く買えるようですよ

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加