うえせいWP.net

WordPressのホームページ制作とWEB活用コンサルティング【大阪府】

ライフハック

習慣をぶち壊せ!慣れや習慣をリセットできる覚悟がないと生き残れない5つの理由【前編】

人間というのは習慣の生き物で、一度習慣にしてしまったものは、変えたくないし変えようと思ってもなかなか難しいという性質をもっています。
ただ、それを意識から変えていかないと生き残っていけない世の中になってきているのだと、私うえせい(@charin_co)は思っています。

その現状や理由、対策などをうえせいなりにライトなものから深いものまで、5つピックアップしましたが、長くなったので前編と後編に分けました。
ぜひ、両方ともお読みくださいまし。

【関連記事】
21世紀を生き抜け!慣れや習慣をリセットできる覚悟がないと生き残れない5つの理由【後編】

 

sponsored link

理由1:キーボードはいつまでもローマ字入力。だが日本語入力には適さない

キーボード

キーボードで日本語を入力する場合、私を含めてほとんどの人がローマ字入力をしていると思います。
QWERTY配列というものですが、これは英文タイプライター時代のものがそのままで、日本語を入力するとなると、本当はとても使いづらいものなのです。
ただ、プログラミング言語やそのた英語で入力するものが多いことや、日本語の51音をひらがなで表すにはキーボードを4段目までフルに使う必要があることなどもあり、あまり普及はしていません。

ただ、「かきくけこ、さしすせそ」と印字するのに「kakikukeko,sasisuseso」と2倍鍵打する必要があるのは、あきらかに非効率です。

今までの慣習でなんとなく、ローマ字入力を続けていますが、考えなおしたほうがいい時期にきているのではないかと考えています。

ちなみにうえせいは、「親指シフト」なる「ローマ字」でも「かな」でもない入力方法に挑戦中

ブロガー仲間でもあるものくろさん(@monochr)に教えていただいて、現在猛練習中です。
目標としては2ヶ月以内に完全に移行するつもりにしています。

親指シフトまとめ | ものくろぼっくす

 

理由2:スマートフォン全盛の時代でも、ガラケーとほぼ変わらない使い方

ガラケー スマホ
情報格差の最たるもの。
いまだに多くの人のスマホの使い方は、メール、インターネットブラウジング、メッセンジャー、カメラとガラケーとほぼ変わらない。
それならば、高機能のガラケー(今は販売すらされていませんが)や、iPhone優勢ですがOSがAndroidのジャパニーズスマホの方が相当使いやすいです。

テレビや、おさいふケータイや、その他ものもろがもともと入っていて、日本人の需要は満たしてくれているからです。

ただ、以前は動きがもっさりしていたという理由から、多くの人がiPhoneであるため、アクセサリー類が豊富ということもあり、日本ではiPhone優勢です。

ですがその実は、iPhoneの機能のほとんどを使っていないというのが私の印象です。

スケジュールを管理したり、ライフログをとったり、いろんなものと同期をさせて仕事のほとんどをスマートフォンで行えたりと、とても高機能な端末なのです。
それを使いこなしている方と、使えていない方の情報格差はナンパないです。

ただ、その差を生み出しているのは、端末ではなくその人個人の中にあると思っています。

 

その3:食品添加物や農薬、防腐剤。または遺伝子組換えなのどの問題を指摘されていながら、なんの変化もない

これだけ、トランス脂肪酸や、精製されたもの、自国では使わないような農薬を使っていたり輸出の際に使われる防腐剤、はたまた、自然界に存在しない食材を生み出していたりする遺伝子組換えなど、問題点はとても多いのです。
それは、海外はもとより、日本国内でも沢山取り上げられています。

それなのに、ほとんど何もしていないか、そのことを全く知らないでいる人たちが沢山いるというのは、とても悲しい事実です。

こういったことというのは、すぐに影響する毒物ではないから問題視されにくいのですが、すでにアレルギー体質の子どもが多くなっていたり、生活習慣病などの増加であったりと、ジリジリとその影響は目に見えています。

国内の消費と直結する問題でもあるので、国がなにか動くには相当時間がかかると思われます。
自身で対応策を打っていく必要があるのでしょうね。

うえせいは、ファスティングマイスターの資格をとり、粗食を心がけています

野菜 料理
ファスティングというのは、いわゆる断食です。
ただ、宗教的な意味合いでする断食ではなくて、デトックス(排毒)を主な目的としていますので、必要な栄養素を「酵素ドリンク」にて摂ることによって、身体に負担が少なくできるというものです。

そのお蔭で、私は食に関する意識が大きく変わり、普段から古来日本人が食べていた食事を意識して食べるようになっています。

ちなみに、これを多くの人に広めたいと思い、エキスパートファスティングマイスターの資格を摂りました。
現在は、話題になっていることもあって、多くの問合せを頂いています。
【関連記事】
ファスティングを通じて意識が変わる。身体や栄養のことを勉強することにした

添加物なしでは、生きられない世の中だから、デトックスが必要です

 

【まとめ】毎日当たり前の様にやっていることに疑問を感じてみることが大切です

うえせいイラスト
キーボードにしろ、携帯電話にしろ、食べ物のことにしろ、すべてが今までの習慣で、なんの疑問もなく毎日過ごしていっています。
そこに、疑問を持ち、そして改善点があれば自らトライしていく。

そんな姿勢が必要なのだと思います。

今回の前半はライトな内容の様に思いますが、情報格差で出来る仕事も大きく変わりますし、食の問題はイコール命の問題です。
情報は、自分で取りに行けばいくらでも取れる時代になっています。

国→社会→家庭→個人へと、どんどん生きるための責任範疇が小さくなっている気がします。

自分で切り開かないといけないが、切り開く意思があれば逆にやりやすい時代とも言えます。
私うえせい(@charin_co)も自分の足で歩き始めています。
一緒に頑張りましょう。では、テリマカシ。

 

【関連記事】
21世紀を生き抜け!慣れや習慣をリセットできる覚悟がないと生き残れない5つの理由【後編】

 

21世紀を生き抜くために、後半でとりあげた本

「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

うえせいのお知らせやメッセージを受け取ったり、ブログ相談会の募集告知を受け取ったりしたい方は、ううえせいやのLINE@を友だち追加してくださいね!
「うえせいや」のLINE@を友だち追加して下さい

sponsored link

合同会社うえせいやについて

合同会社うえせいやについて
「合同会社うえせいや」では、リーズナブルで柔軟性の高い月額管理費が0円の、自分で更新できるホームページの制作を承っております。
最終的に納品の際には、使い方のご指導をさせて頂くとともに、以降のサボート費用を質問の回答に限り、永年0円としておりましす。
ですので、以降の更新はご自身で、しかもスマホからも可能です。

お申込み、お問合せは無料です。
お気軽に、以下よりご連絡ください。

こんな記事も書いています

コメントを入れて頂くと嬉しいです。

*